60cmクラスドールとフライトする際の注意点

c1.jpg

 60cmクラスのドールとフライトを楽しむ場合、どうすればいいのか。とりあえず先日ドールと北海道に行って来たのでその様子をレポートする。これは実体験の話だが、私自身完璧に法律に精通していないので過ちはあるかもしれない。またそこまで気を遣う必要は無いという点もあるだろう。あくまでも参考の話として、搭乗の際疑問点があれば航空会社に問い合わせて貰うとより確実だと思う。

“60cmクラスドールとフライトする際の注意点” の続きを読む

一日の撮影を終え宿に着いたらしておきたいこと3箇条

1.jpg

 旅行中に少しでもいい写真をと頑張ると宿に着いた頃にはもうクタクタ、何もせず風呂に入って寝たいところだ。しかし折角一日頑張ったのだし今日一日の成果を確実にし、翌日に備える為にももう一頑張りしたい。そこで宿に着いたら寝る前にやっておきたいことをまとめてみた。

1・今日一日撮影した写真のバックアップを取ろう

1.jpg

 写真は常にバックアップをとは以前にも記事を書いたが、バックアップを取っておけばそこまでのデータは確実に保護される。

 明日の行動中にカメラを落下させデータをパーにするかもしれない、ちょっと目を離した隙に置き引きに合うかもしれない。勿論そうならない様細心の注意を払って楽しい旅行にして欲しいが、そうした万一の際にもバックアップを取っておけば前夜までの写真は確実に保護できる。今までの努力を手元に残す為にもバックアップは必ず取ろう。

 またついでに今日撮影した写真を軽く検証しておけば、明日への撮影にも生かせる。もっとアップでも良かったな、このカットイマイチだから似たような風景があればもう一度・・・、この角度で撮ると可愛いな、部屋で見ると気持ちが高ぶっている撮影時とはまた印象が異なるものだ。

2・バッテリーを充電しよう

2.jpg

 次はカメラのバッテリーを充電しよう。あまり撮っていないし面倒なので明日充電しようとは考えないで欲しい。明日はもの凄く沢山のシャッターチャンスに恵まれるかもしれない、そんな時バッテリーが上がったら悲しい。面倒がらずに寝る前に満充電にしておこう。また外付けストロボを持っている場合はストロボ電池も充電しておこう。とにかく明日はシャッターチャンスに恵まれる一日と信じて準備を完璧にして就寝したい。

3・カメラの設定を見直しておこう

3.jpg

 夕刻~夜景撮影時にはカメラの設定を特殊にする場合が多い。そのまま明日撮影したら綺麗な撮影が出来ないだろう。寝てしまうと忘れてしまうので、忘れる前に設定を戻しておこう。具体的に書くとこんな感じだ。

・夕焼けを綺麗に撮影する為にホワイトバランスをいじっていないか。赤みを強めていると明日の写真が不自然になるのでオートや太陽光に戻しておこう。

・夜景を撮影する為に超高感度にしていないか。高感度にすると画質が犠牲になる、常用感度のISO400程度に戻しておこう。

・露出補正、ストロボ発光補正などをいじることもあるかもしれない。その時はそれらも全て普段使っている値に戻しておこう。

 その他、時間があったらレンズが汚れたいないか、ちゃんと写るか等機能も点検をしておけば明日、とっさのシャッターチャンスにもカメラはきっちり仕事をしてくれる。