満月とドールを撮影する

1.jpg

 秋になると月が綺麗だ。特に満月となるとドールと撮影したくなるのが人情だが、シャッタースピードをどれ位にした方がいいのだろうか。また望遠レンズを使用した時どれ位の大きさに月が写るのかも気になるところだ。実際撮影してチャートにしてみたので参考にして頂ければ幸い。

2.jpg

 APS-Cに300mmのレンズを装着した月の大きさ。フルサイズだと450mm相当なので月を大きく撮影するのは特別な機材が必要になる。冒頭の写真はこの写真を300%に拡大したものだ。

 次に月の模様を綺麗に撮影するにはどの位の露出をかければいいのだろうか。ISO200、f11でカメラを固定シャッタースピードのみ変化させて撮影してみたチャートが下の表だ。参考になれば幸い。

(参考)シャッタースピード別ISO200 f11での月の描写

3.jpg 4.jpg 5.jpg
1/15 1/30 1/60
6.jpg 7.jpg 8.jpg
1/125 1/250 1/500

 どの描写が好きかは好みにもよるが、f11、1/500でも綺麗に月の模様が移るので「月は想像以上に明るい」と考えておいて良さそうだ。

 今回は家の前の廊下という限られた場所での撮影だが、2つ作例を作ってみた。来年はもう少しアングルに自由が効く郊外で撮影したい。

9.jpg

 ドールにピンを合わせて月をぼかした画像。
(ISO400 1/30 f22 ストロボ同調)

10.jpg

 月にピンを合わせてドールをぼかした画像。
(ISO400 1/125 f22 ストロボ同調)

 f22まで絞っても妖精さんの場合両方にピントを合わせるのは無理なので、ここは割り切るしかない。

古いニコンストラップをレストア

a1.jpg

 昔と言ってもオートフォーカスすら無かった超昔、ニコンのストラップはこんな金具で端部が接続されたものだった。ニコンのイメージカラーというと黄色なので黄色は人気があって高い。先日黄色いけど黒い紐部分が短くなってしまった物と青いけど紐部分が正常なものを入手した。ニコイチで黄色の正常なものを作ろうという作戦だ。

“古いニコンストラップをレストア” の続きを読む

Nikon Df 使ってみての長所、短所(レビュー1)

n1.jpg

 「Nikon Df
icon」は贅沢なカメラかなと思っていたが、やはり我慢出来ずに購入してしまった。しかし購入してみると所有している喜びは大きく、カメラをキルティングで包んで持ち運ぶなどもう何十年ぶりだろうという感じだ。

“Nikon Df 使ってみての長所、短所(レビュー1)” の続きを読む

シューパロ湖(湖底に沈んだ集落)2

s1.jpg

 シューパロ湖から顔を出す鉄橋が気になり近くまで行ってみました。通りの交通はなく辺りは静寂に包まれていますが、鉄橋に結ばれたブイが風で鉄柱に辺り規則的に鐘のような「ゴーン」という音を響かせていて独特の雰囲気です。

“シューパロ湖(湖底に沈んだ集落)2” の続きを読む

シューパロ湖(湖底に沈んだ集落)

d1.jpg

 ここシューパロ湖は夕張シューパロダムによって堰き止められた人造湖です。ダムが出来て治水が向上した代わりにこの付近の集落は湖の底へと沈んでゆきました。奥の新しい橋の手前に山吹色の橋が水面から顔を出していますが、かつては更にその下を夕張川が走っていました。

“シューパロ湖(湖底に沈んだ集落)” の続きを読む