Pentax Qを持ってドールとサイクリング!

x1.jpg

 サイクリングをするならドールを連れて行きたいと思う人もいるかもしれない。しかしサイクリングをするなら荷物の重量を極限まで下げたいと思うのも事実。そこで発売当時「世界最小レンズ交換式一眼」と謳われた「PENTAX Q 02ズームレンズキット
」を持ってドールとサイクリングに出てみた。

“Pentax Qを持ってドールとサイクリング!” の続きを読む

ニコンクリーニングキットプロ同等品を自分で揃えると・・・

j00.jpg

 昨日ニコンのクリーニングキットプロについて書いてみたが、自分でこれらの道具を揃えるといくら位になるだろうと思って調べてみた。自分でカメラをメンテナンスする道具をそろえるのに参考にして欲しい。

“ニコンクリーニングキットプロ同等品を自分で揃えると・・・” の続きを読む

10年使っているニコンクリーニングキットプロ

t1.jpg

 ローパスフィルターにゴミが付着するとどの写真にも黒点が写ってしまいとても残念。最近は色々な技術でゴミは付きにくくなったけど皆無ではない。最近は色々なクリーニングキットが出ているけど私は「ニコンクリーニングキットプロ」
(現在はNikon クリーニングキットプロ2 に進化)をずっと使っている。一眼デジカメを持っているならメーカがNikonでなくても1個持っていて損はないアイテムだと思う。 (注:私が以前購入したのは「ニコンクリーニングキットプロ」 ですが、現在はNikon クリーニングキットプロ2 になってます。入っている物の種類は同じですが、デザインが一部異なっているものがあります。)

“10年使っているニコンクリーニングキットプロ” の続きを読む

紅葉撮影時のホワイトバランス

c.jpg

 綺麗な紅葉を見つけるとドールと一緒に撮影したくなるのが人情だ。しかし撮影してみると思ったより紅葉の綺麗さが表現できていない気がすることもあるかもしれない。効用の鮮やかさが足りないのならホワイトバランスを操作することにより改善できることがある。

a.jpg

 紅葉をバックにホワイトバランスを「オート」で撮影してみた。それなりに写っているし「そんな物だろう」なのだが目で見たほどの鮮やかさが無い。

s.jpg

 ホワイトバランスを「太陽光」にして撮影してみた。これもほぼ「オート」と同じ結果になった。それなりに写っているが、紅葉の綺麗さが表現できていない。

c.jpg

 今度はホワイトバランスを「曇天」にしてみた。紅葉の鮮やかさも増し、ドールの顔も健康的な色になった。

mk.jpg

 次にホワイトバランスを「晴天日陰」にしてみた。紅葉の鮮やかさはかなりいいが、今度はドールの顔がオレンジ色に色被りしているのでドール写真としては少しやりすぎかもしれない。ドール写真なら先程の「曇天」が良さそうだが、紅葉のみならちょっとスパイスを効かせてこの「晴天日陰」でも良さそう。

k.jpg

 最後に「蛍光灯」モードにしてみた。黄緑色の補色であるマゼンダが強くなるので紅葉の赤みが強調できた。これもドール写真だとやりすぎ感があるが、紅葉単体ならこれもアリな気がする。

x.jpg

 紅葉単体をホワイトバランス「オート」で撮影した場合。

y.jpg

 紅葉単体をホワイトバランス「晴天日陰」で撮影した場合。ドール写真ではやりすぎの「晴天日陰」だが、紅葉単体ならこれくらいのほうが迫力がある。

 ホワイトバランスというのは簡単に言うとカラーフィルターみたいなものなので、この様に「曇天」「晴天日陰」を使用してみるとオレンジ色が強調される。今回のような紅葉の他夕日などにも利用できる。対して月夜のような青みが欲しいときは「電球」モードにしてみると青白い世界が演出できる。

ミラーレスNikon 1&標準ズームでドールとの思い出作り

t99.jpg

 カメラだけ買って一人旅に出かけても多分面白くない。ドールをお迎えしても部屋で悶々としているだけは少し物足りない。今回はどちらかというとコンパクトカメラに近いNikon1を持ってまゆと伊豆旅行に行った。高級一眼デジカメじゃなくても!標準ズーム1本だけでも!ストロボ無しでも!楽しい思い出が記録できた。そう、愛があればねっ!

“ミラーレスNikon 1&標準ズームでドールとの思い出作り” の続きを読む

異なるセンサーサイズでドール写真を撮り比べる(屋外編)

0.jpg

 ドール写真を撮影するならイメージセンサーをどのサイズにするかということが検討事項の一つになるが、一つの目安として各サイズで同じ様な写真を撮り比べてみた。前回はストロボを使用した室内撮影だったが、今回は屋外撮影編となる。機材の新旧によるイメージセンサーの性能や使用したレンズ性能も影響するので参考程度に見て欲しいが、背景のボケ方やどこまで繊細に描写できるか傾向の参考にして頂ければ幸いだ。

a0.jpg

 撮影条件 この様な環境下でドール右目にピントを合わせ各機種同じ様な写真になるように撮影した。ISO200、1/250(Dfのみ1/500)、f8で撮影。WBはAutoに設定とした。また若干の色調、明るさ補正をパソコンで行い被写界深度や解像度の違いのみを比較できるような写真とした。

全体写真:クリックして拡大した画像は長辺800pxに縮小した画像。

拡大写真:クリックして拡大した画像は長辺3000pxに元画像を1~2まわり縮小した大容量画像のうちドール顔部分を切り取ったもの。

c2.jpg 1・フルサイズ

1.jpg

a1.jpg

 ボケに有利なフルサイズとあってf8まで絞っても背景がかなりボケている。背景がボケると主題は引き立つが、反面どこへ行ったという記録写真の場合背景の情報が弱すぎるという弱点を持つ。

使用機材:Nikon Df Gold Edition
Nikon Ai AF-S ズームニッコール ED 28-70mm F2.8D (IF)  現行機種は↓

Nikon デジタル一眼レフカメラ Df シルバーDFSL Nikon デジタル一眼レフカメラ Df シルバーDFSL

ニコン 2013-11-28
売り上げランキング : 177409

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Nikon 標準ズームレンズAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR フルサイズ対応 Nikon 標準ズームレンズAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR フルサイズ対応

ニコン 2015-10-22
売り上げランキング : 26042

Amazonで詳しく見る by G-Tools

c3.jpg 2・APS-C

2.jpg

a2.jpg

 一眼レフタイプのデジカメで一番普及しているサイズ。先程のフルサイズに比べボケはかなり小さい。背景はきっちりボケているが、フルサイズに比べ何があるかがよりはっきりしている。

使用機材:Nikon D5000 レンズキット  現行機種は↓

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5500 18-55 VRII レンズキット ブラック 2416万画素 3.2型液晶 タッチパネル D5500LK18-55BK Nikon デジタル一眼レフカメラ D5500 18-55 VRII レンズキット ブラック 2416万画素 3.2型液晶 タッチパネル D5500LK18-55BK

ニコン 2015-02-05
売り上げランキング : 8873

Amazonで詳しく見る

c4.jpg 3・フォーサーズ

3.jpg

a3.jpg

 ピントの合う範囲がAPS-Cと比較して更に広くなるはずだが遠景では大きく変わらなかった。しかし池の枯れた草のディテールはAPS-Cよりはっきりしている。

使用機材:OLYMPUS PEN E-PL1レンズキット  現行機種は↓

OLYMPUS PEN E-PL7 14-42mm EZレンズキット シルバー ミラーレス一眼 E-PL7 EZ LKIT SLV OLYMPUS PEN E-PL7 14-42mm EZレンズキット シルバー ミラーレス一眼 E-PL7 EZ LKIT SLV

オリンパス 2014-09-20
売り上げランキング : 6962

Amazonで詳しく見る

c5.jpg 4・Nikon CXフォーマット

4.jpg

a4.jpg

 ストロボを使用する室内撮影ではあまり推奨できないNikon 1だが、屋外撮影ではなかなかの描写をする。被写界深度も深いので記録写真にはおすすめだ。

使用機材:Nikon 1 (ニコンワン) J2 標準ズームレンズキット  現行機種は↓

Nikon ミラーレス一眼 Nikon1 J5 標準パワーズームレンズキット シルバー J5HPLKSL Nikon ミラーレス一眼 Nikon1 J5 標準パワーズームレンズキット シルバー J5HPLKSL

ニコン 2015-04-23
売り上げランキング : 40663

Amazonで詳しく見る

c7.jpg 5・1/2.3型

5.jpg

a5.jpg

 「最小の一眼デジカメ」は遠景もはっきり写っている。しかしやはりイメージセンサーが小さいので細かい描写が苦手なのは前回のストロボ撮影時と同じ。

使用機材:PENTAX Q レンズキット  現行機種は↓

PENTAX ミラーレス一眼 Q-S1 ズームレンズキット [標準ズーム 02 STANDARD ZOOM] ピュアホワイト 06191 PENTAX ミラーレス一眼 Q-S1 ズームレンズキット [標準ズーム 02 STANDARD ZOOM] ピュアホワイト 06191

リコー 2014-08-28
売り上げランキング : 55491

Amazonで詳しく見る

異なるセンサーサイズでドール写真を撮り比べる(室内編)

0.jpg

 ドール写真を撮影するならイメージセンサーをどのサイズにするかということが検討事項の一つになるが、一つの目安として各サイズで同じ様な写真を撮り比べてみた。機材の新旧によるイメージセンサーの性能や使用したレンズ性能も影響するので参考程度に見て欲しいが、背景のボケ方やどこまで繊細に描写できるか傾向の参考にして頂ければ幸いだ。

 撮影条件 ISO400、X接点、f8で撮影。WBはDf、D5000はAuto、他はフラッシュに設定。Nikon SB-600を同光量でマニュアル発光。

 私的に意見を述べると画質云々を言うならフォーサーズ以上が満足度が高いだろう。逆にコンパクトさを好み、ライトに楽しむならPENTAX Qシリーズもいい。Nikon 1はNikon信者がミラーレスを欲する以外は薦められないw(ドール撮影に限っての話。他ジャンル、特に外で使うならなら決して悪いミラーレスではないよ)。

全体写真:クリックして拡大した画像は長辺800pxに縮小した画像。

拡大写真:クリックして拡大した画像は長辺3000pxに元画像を1~2まわり縮小した大容量画像のうちドール顔部分を切り取ったもの。

c2.jpg 1・フルサイズ

1.jpg

a1.jpg

 上の写真を見ると後側のドールがかなりボケている。フルサイズゆえにピントの合う範囲が狭い。拡大してみるとさすがに大きなセンサーサイズなので髪の毛の一本一本も綺麗に表現されているが、ピントの合う範囲が狭いゆえに前後の髪はピントが甘くなっている。

 余談だが、この写真の前に前モデルの24-120を装着して撮影したところあまり綺麗じゃなかった。フルサイズは本体も高いが、その性能を発揮するにはそこそこ高いレンズが必要になり、結果として高額な写真ライフになることをある程度覚悟しておく必要がある。

Nikon デジタル一眼レフカメラ Df シルバーDFSL Nikon デジタル一眼レフカメラ Df シルバーDFSL

ニコン 2013-11-28
売り上げランキング : 177409

Amazonで詳しく見る by G-Tools

c3.jpg 2・APS-C

2.jpg

a2.jpg

 一眼レフタイプのデジカメで一番普及しているサイズ。後方のドールもきっちりボケているが、先程のフルサイズに比べボケは小さい。

 拡大した写真を見るとピントを合わせた目履くっきり、髪の毛の一本一本も綺麗に表現されている。実はこのレンズはレンズキットのレンズだが、解像度が高い「神レンズ」とも呼ばれるレンズだ。画像の繊細さはイメージセンサーの性能のみならずレンズの性能によるところも大きい。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5000 レンズキット D5000LK Nikon デジタル一眼レフカメラ D5000 レンズキット D5000LK

ニコン 2009-05-01
売り上げランキング : 161934

Amazonで詳しく見る by G-Tools

c4.jpg 3・フォーサーズ

3.jpg

a3.jpg

 ピントの合う範囲が更に広くなり、フルサイズ、APS-Cと比較してかなり後方のドールがくっきり写るようになった。

 拡大した画像を見てみると目、髪の毛共に綺麗に写っている。面積ではフルサイズの1/4となっているが、細かい描写もなかなか、ピントの合う範囲が広い特徴は背景も重要なスナップ写真で威力を発揮する。

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN E-PL1レンズキット ブラック E-PL1 LKIT BLK OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN E-PL1レンズキット ブラック E-PL1 LKIT BLK

オリンパス 2010-03-05
売り上げランキング : 327022

Amazonで詳しく見る by G-Tools

c5.jpg 4・Nikon CXフォーマット

4.jpg

a4.jpg

 私はどちらかというとNikon信者だが、ミラーレスでNikon機を推奨しないのはストロボ接点が装備されていないので初心者の第二段階「外付けストロボを使用する」という段階で障害となる為だ。しかし今回はこんな裏技でクリップオンストロボを発光させている。

 拡大してみると髪の毛の表現に破綻が見られ始めた。外でスナップ撮影したり、旅行のお供にバックに忍ばせて自然光で撮影するカメラなら悪くない。しかし「ドール用」と考えると一工夫が必要なカメラだと思う。

Nikon ミラーレス一眼カメラ Nikon 1 (ニコンワン) J2 標準ズームレンズキット レッド N1J2HLKRD Nikon ミラーレス一眼カメラ Nikon 1 (ニコンワン) J2 標準ズームレンズキット レッド N1J2HLKRD

ニコン 2012-09-06
売り上げランキング : 90842

Amazonで詳しく見る by G-Tools

c7.jpg 5・1/2.3型

5.jpg

a5.jpg

 「最小の一眼デジカメ」も普通に写真の全体を見ると綺麗に撮れている。またピントの合う範囲がとても広く、後ろのドールのディテールもきっちり写っている。WEBで写真を公開したり、お店プリントで2Lプリントまでなら十分な性能。

 しかし拡大すると髪の毛の表現は破綻している。しかし撮像素子の大きさはフルサイズの約1/36!大きさの割には良い仕事をしていると思う。ライトに楽しむ人には面白いカメラだと思う。また現行機種はイメージセンサーが一回り大きい1/1.7型なので画像も更に良くなっている。

PENTAX ミラーレス一眼 Q レンズキット ホワイト PENTAXQLKWH PENTAX ミラーレス一眼 Q レンズキット ホワイト PENTAXQLKWH

ペンタックス 2011-08-31
売り上げランキング : 120246

Amazonで詳しく見る by G-Tools

初めてカメラを買うとき一緒に購入したいもの一覧

x1.jpg

 カメラはレンズキットだけ買ってきてもそれだけで撮影を楽しむことは出来ない。今回は初めてカメラを買ったときに最低限必要なもの、無くても撮影は出来るがこの機会に是非買っておいたほうがいいもの、そして外で撮影するのに必要なものをD5300を購入したときを例にとって並べてみた。他機種を購入するときは保護フィルム、フィルターを適応するものにすればよい。

★ まずは持っていなければ是非一緒に買って欲しいもの。

Nikon D5300用液晶保護フィルム NH-DFL5300
Nikon D5300用液晶保護フィルム NH-DFL5300
 後ろの液晶パネルは撮影後のチェックに重要。傷が付くと見にくくなるので傷が付く前に保護しておきたい。

執筆時現在Amazon価格¥ 936

Nikon ニュートラルカラー NC 52mm
Nikon ニュートラルカラー NC 52mm
 レンズも傷が付くと使えなくなるので傷が付く前に保護のフィルターを。レンズに比べガラスが硬いので汚れた際の清掃も容易となる。

執筆時現在Amazon価格¥ 1,814

KING カメラクリーニング用品 OAカメラクリーニング 5点セット 73058
KING カメラクリーニング用品 OAカメラクリーニング 5点セット 73058
 初めてカメラを買うなら簡単なクリーニングキットも購入しておいたほうがいい。このセットで十分。なおローパスフィルターはカメラが勝手に清掃してくれるので通常は問題ないが、初心者の場合どうしても時はサービスセンターに依頼しよう。

執筆時現在Amazon価格¥ 918

Transcend SDHCカード 16GB Class10 (無期限保証)
Transcend SDHCカード 16GB Class10 (無期限保証) [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] TS16GSDHC10E
 記録メディアがないと写真が記録できないのでこの辺も。SanDisk製はメーカー推奨品だ。

執筆時現在Amazon価格¥ 827

合計
¥ 4,495

ここまでのものがあればとりあえず部屋での撮影は可能だ。

★ 屋外での撮影を試みるならこの辺もあると便利

Nikon バヨネットフード HB-69
Nikon バヨネットフード HB-69
 外で撮影する時、周辺からの光を遮り写真をクリアにする効果がある。部屋での撮影には殆ど必要ない、というか私は邪魔なので部屋では使わない。

執筆時現在Amazon価格¥ 1,482

バンガード ショルダーバッグ ZIIN 21BK(ブラック)
バンガード ショルダーバッグ ZIIN 21BK(ブラック)
 外へお出かけする時はカメラバックもあれば便利。少し大きめだが、将来レンズやストロボを買い足したりするので余裕があるほうがいい。またドール用の櫛やウィッグスプレーなども持っていくときもこちらに収納できるのでカメラバックは少し余裕があるほうがいい。

執筆時現在Amazon価格¥ 4,082

 余談だが、カメラバックはそのうちに欲が出てもっとコンパクトなもの、色々な機材が入るものとシチュエーションに応じて色々欲しくなる。カメラバッグも欲を出せば沼化するものなのでとりあえず最初はこれをオススメする。初めてのバッグとしてもいい大きさで、将来交換レンズやストロボを買い足した後も対応できる。

x1.jpg

 上で紹介した「バンガード ショルダーバッグ ZIIN 21BK(ブラック) 」、1/6ドールさんと比べるとこんな大きさ。将来機材が増えたときも日帰り旅行やお散歩撮影に重宝するコンパクトなサイズ。普通の鞄の様に手で持つことも出来るし、肩から下げることも出来る。

x2.jpg

 中には付属のレンズを装着したD5000を収納した。このバッグはとりあえずレンズキットのカメラには十分な大きさで、更に将来交換レンズやストロボを買い足したときまで対応できる大きさを選んである。

 右の黒いソフトケースはストロボ「ニッシンデジタル i40(ニコン用) 」、その奥にマクロレンズの交換レンズを収納している。蓋の裏側と鞄本体手前にはファスナー付のポケットもある。蓋側にはドールメンテ用品、本体側にはレンズ用クロスを入れている。

x3.jpg

 鞄の中のものを取り出してみるとこんな感じ。お散歩撮影や日帰り撮影にはこれくらいの機材があれば十分。まずは標準ズームを使い倒して欲しいが、この様に将来機材を拡充しても対応できる大きさだ。機材を買い足す前には余ったスペースは小物入れにしても良い。

OLYMPUS PENでフォーサーズ初体験

1.jpg

 昨日TwitterのTLで「フォーサーズの被写界深度はドール向きでいい!」という意見を耳にした。そんな声を耳にすると途端に欲しくなるもので早速買ってきた。とりあえず手持ち予算で買える「オリンパス PEN Lite E-PL1」は2010年のモデルで1230万画素だがA4位までのプリントなら楽々伸ばせる性能だ。最新のOM-Dには遠く及ばないだろうが、フォーサーズの何たるかを知るには十分だろう。

“OLYMPUS PENでフォーサーズ初体験” の続きを読む

カメラ選びのスペック判断基準(センサーサイズ、画素数等)

 カメラを買うとき様々なことで悩むと思う。そんな悩む時間も楽しみの一つだが、間違ったアドバイスで間違った判断をしない様に常識的な範囲での判断基準を書いておこうと思う。後は自分の目指す方向があればアレンジを加えて満足のいく一台を選んで欲しい。

有効画素数

 この数字が大きければ大きい程繊細な画像で大伸ばしに耐えうるが、大きくなるほどHDDの容量も食う。では実際どの程度の画素数が必要か理論値を計算してみた。

 例えば1280×1024pxのパソコンに表示するだけなら131万画素、300dpiでプリントする場合L判プリントで158万画素、A4プリント870万画素、A3プリント1740万画素だ。

 トリミングを考えるともう少し数値があると安心だが、大きなポスター等の業務を請け負っているプロで無い限り一般の人なら1000万画素から2000万画素あれば十分ということになる。メーカーのスペック競争に飲み込まれないことも重要だ。

ISO感度

 フィルム時代に400、800等と書かれていた数字と同じだ。数字が高いほど暗い場所での撮影が可能になる。数字が高い方が暗所での撮影が有利になるがこれも先程の有効画素数と同様メーカの数値に踊らされないことが重要だ。

5.jpg

 上の写真はISO800、1/4、f5.3(開放)で撮影した写真だ。昨今は手振れ補正レンズも普及して標準系レンズ1/8位ならちょっと訓練するだけで手振れ無しの写真が撮影できる。そう考えるとISO1600~3200位で撮影できれば十分、しかしカメラの限界値だと綺麗に撮影できないので更に二段余裕を持ってカタログ上は6400~12800くらいの数値があれば十分そうだ。

 たまにしか使用しない夜景撮影なのでISO感度が十分でなければ三脚を使用してスローシャッターを使う方法もある。大きく金額が異なる場合思い切ってISO感度を捨てその分の予算を明るいレンズやしっかりした三脚に充てる手もある。

センサーサイズ

 フルサイズ、APS-C、フォーサーズ、こんな言葉を聞いたこともあるかもしれないが、これらはいずれもセンサーサイズの大きさだ。主なものだけで下の表位の種類がある。ここで困るのは「大は小を兼ねる」的発想で「フルサイズ以外はカメラじゃない!」位の発言をする人だw。

 確かにセンサーサイズが大きい方が細かい描写は有利だ。切手の裏に100本の線を引くのはとても大変だが、葉書の裏に100本の線を引くのはそれほど難しいことではない、そんな感じだ。また背景をぼかして撮影したい場合もセンサーサイズが大きい方が有利だ。

 しかしスナップ写真の様に「何処へ行った」という背景も重要な場合、APS-C、フォーサーズの方がピントの合う範囲が大きくなり有利だ。また誰もが徹底的に理想を追求する苦痛を伴う写真ライフを求めている訳ではないだろう。コンパクトで軽い方がいい、レンズも安価に購入したいという場合にもAPS-C、フォーサーズの方が有利だ。

 昨今ではカメラの性能も向上し、フルサイズのみならずAPS-Cやフォーサーズのカメラを使用するプロカメラマンも多数居る。フォーサーズ以上ならプロカメラマンでも使用できるレベルのカメラ。反対にCXフォーマット以下のカメラはそこそこで楽しむ機種と考えておくといいと思う。

もっと詳しく:「撮像素子」の大きさと表現力

c2.jpg
 1・フルサイズ
c3.jpg
 2・APS-C
c4.jpg
 3・フォーサーズ
c5.jpg
 4・Nikon CXフォーマット
c6.jpg
 5・1/1.7型
c7.jpg
 6・1/2.3型

ミラーレスか一眼レフか

 ミラーレスカメラはその構造上カメラをコンパクトに設計できるメリットがある。しかしファインダー付きのカメラでも結局覗くのは電子ファインダーなのでペンタプリズムを覗いていた昔の人には違和感を感じるかもしれない。しかしタイムラグはどんどん0に近くなっているし、ビデオカメラはかなり昔から電子ファインダだったので毛嫌いする必要はないと思う。

 それとミラーレスは一眼レフに比べ低画質と勘違いしている人が居るがそれは間違いだ。画質を決めるのはレンズの性能とイメージセンサーの性能でミラーレスか否かは全く関係ない。ミラーレスか一眼レフかを悩む基準は電子ファインダーをどう思うかとコンパクトさだ。昔からの光学ファインダーが良く大きくても気にならないなら一眼レフ、電子ファインダーもOKでコンパクトな機材を求めているならミラーレスという感じになる。

新モデルか旧モデルか

 新モデルか、在庫の旧モデルかで悩むかもしれない。新モデルの方が絶対画質が良くなっているので予算が潤沢にあるなら新モデルを買っておいたほうがいい。

 しかし予算的に厳しいとか、今使用している機種の新型が出たから買い換える必要があるかという考えでは無理に新型を買う必要は無い。少し良くなっているが、大きくは良くなっていないからだ。

 逆に2、3世代ぶりに買い換えてみると技術の進化をはっきり目の当たりにする。1世代位なら大きな違いはないので価格と要相談だが、2、3世代位経過すると購入する価値がかなり出てくるという感じだろうか。