ささらと山梨県道508号線終点までヒルクライム

 白糸の滝、雄滝へ行く山梨県道508号線は「雄滝を過ぎると何も無い」と聞いていましたが、何もない風景がある訳で自分の目で確かめるべく雄滝を過ぎ終点まで行ってみることにしました。奥に見える自転車がMyチャリです。

 雄滝入口の標から更に2kmほど登っていくと山梨県道508号線の終点です。小菅村の所に行き止まりの案内がありましたが、崩落等で通行止めになったのではなく、単純に山林の維持の為にここまで造られた道だということが分かります。

 ここから大菩薩峠を超えて反対側へ行くには山道を徒歩で歩むしかありません。

 登って来た林道、雄滝からは2km程度ですが、ひたすら上り勾配のまま小管村から10km走ってきたのでかなり疲れました。しかし帰りは下り勾配なので気持ちよさそうです。

 ささらも私が走ってきた道を感慨深く見ているのでしょうか・・・。

「呆れているだけよ!何も無いこんなところまで・・・」

 今回の「ドルサイ」のログです。今は製廃になっている「YUPITERU ATLAS GPSランナーズコンピューター ASG-R01」を使用していますが、「GARMIN ランニングウォッチ」が評価も高く欲しいかなと思う今日この頃。

■ モデル

東京ドール製 「久寿川ささら」(絶版娘)