スマホ or 一眼レフ ?

スマホ or 一眼レフ ?

2019年3月6日 オフ 投稿者: dollman

 「一眼レフを買った方が良いのでしょうか?それともスマホで十分なのでしょうか?」少し写真に興味を持つと悩む究極の選択ですが、結論は写真にどこまでを求めるかで決まると思います。まずはドール無しですが、夕焼けが綺麗だったのでスマホと一眼レフで写真を撮ってみました。そんな写真を見比べながらご自身で決めるのが一番良いと思います。

 まずはスマホの写真です。夕焼けがきれいだったので気軽に一写という感じです。実際の夕焼けはもっとオレンジが強い感じで仕上がりとしては70点位ですが、まあまあの出来です。「実際はもっと綺麗だったんだよね~」なんて言う言葉を添えて見せれば十分雰囲気は伝わります。「これでいいのでは?」と思う人はスマホでも十分です。

 次に一眼レフの写真です。「もっと格好良く夕焼けが撮りたい!」と一眼レフを奮発しても全部カメラ任せのフルオートだとこんな感じです。あまりスマホの写真と変わりません。高い機材を購入したからと言って格好いい写真が撮れるわけではありません、ここがポイントです。

 最後は設定を変更した一眼レフの写真です。露出補正を-2段アンダー、ホワイトバランスを日陰にして更にマゼンダを+7プラスしました。そしてカスタムイメージはポップチューンを選んでいます。夕焼けが見た目以上の迫力になりました。

 スマホやコンパクトカメラだと変更できる設定が限られるので表現の幅が狭まってしまいます。しかし高い機材を買っても設定を変えなければスマホとはあまり変わらない写真しか吐き出しませんので

・スマホの写真に満足している

・写真の勉強は面倒だと思うし、したいとは思わない

 という人はスマホ、コンパクトカメラで写真を楽しんだ方が良いと思います。

 しかし

・設定一つを変えて写真ががらりと変わる様子が楽しそう

・写真の本で勉強して格好いい写真を撮りたい

という人は一日も早く一眼デジカメデビューをおすすめします。とこんな感じでしょうか。

 次はドール写真を見ていきましょう。

 これは一眼デジカメを使用して撮影した写真ですが、明るい場所で、しかもこの様な遠近感が自然な写真ならスマホやコンパクトでもなかなかいい仕事をします。「拡大して細かい描写が・・・」みたいなことを言わなければほぼ同じような写真を撮影することは十分に可能です。

 しかし下のような写真を撮影したい場合一眼デジカメへのステップアップが必要になると思います。

 ポートレートの基本ライティングは逆光です。このような環境では顔が明るく見える様光の量を調整したり、肌色が綺麗に出る様カラーバランスの調整が可能です。一眼デジカメならこの様な細かいパラメータの調整がダイヤルを操作するだけで可能です。

 またこの写真はレンズキットのレンズを使用していますが、望遠側を使うことにより背景をぼかしてドールを強調しています。

 この写真は夕暮れらしさを強調する為に光の量を暗くなるように調整したり、カラーバランスで赤みを強調してみました。また奥の特徴的な橋もレンズキットのレンズですが、めいいっぱい望遠側で撮影して強調しています。

 上の二枚はこのカメラとキットレンズで撮影しました。

 こちらは↓のレンズに交換して撮影しました。レンズの歪曲効果で空や風景の解放感を表現しています。レンズを交換することにより、目で見た景色と全く異なる写真が撮影できるのも一眼デジカメの楽しみのひとつです。

 これら三枚の写真はいずれも一眼デジカメでないと撮影が難しいかと思います。ドール写真はそれほど高いスペックは必要としませんので入門機でも十分です。「ちょと格好いいドール写真を撮ってみたい」そんな気持ちになったら一眼デジカメの購入を検討してみてください。