「PENTAX SMC67 200mm F4」を分解してカビを除去してみる

801.jpg

 今日ジャンクショップに行ったらカビ数点が生えているものの普通に使えそうな「PENTAX SMC67 200mm F4」が3000円で並んでいた。そのまま使ってもよいが折角なので分解してカビを除去してみた。ネットで分解方法を検索するも古い200mmの記事はあったが、「PENTAX SMC67 200mm F4」の分解記事は見つけられなかったので参考にしていただければ幸いだ。

“「PENTAX SMC67 200mm F4」を分解してカビを除去してみる” の続きを読む

RICOH AUTO HALFはドール写真に使えるか?

301.jpg

 リコーオートハーフは撮影距離が2.5mに固定されたパンフォーカス機なので絞り値にもよりますが、最短撮影距離は1~1.5m位となります。そこでドール写真には使えるのか?という疑問が湧いてきますが、結論から言うと難しい様な気がします。

“RICOH AUTO HALFはドール写真に使えるか?” の続きを読む

RICOH AUTO HALF IN 江戸東京たてもの園1(非ドール写真)

800.jpg

 先日リコーオートハーフで撮影した写真、やっと現像しましたのでスキャンしてみました。最短撮影距離が1mでドール向きではありませんので江戸たてもの園で撮影した建物写真です。

“RICOH AUTO HALF IN 江戸東京たてもの園1(非ドール写真)” の続きを読む

PENTAX auto110はドールサイズの「バケペン」

b2.jpg

 「PENTAX AUTO110」というカメラがあります。110フィルムを使用するいわゆる「ポケットカメラ」ですが、レンズ交換が出来たり、ワインダや専用ストロボもあったりと今の「PENTAX Qシリーズ」に通じるコンセプトです。これがドールにとっては横幅が広いですが「バケペン」サイズです。

“PENTAX auto110はドールサイズの「バケペン」” の続きを読む

アサヒフレックスでドール撮影(1)

1.jpg

 日本で最初の一眼レフ「アサヒフレックス」でドールを撮ってみました。私のカメラは「IA」という初代の改良版のモデルです。最も遅いシャッタースピードが1/25、シンクロ接点が二極になっているのが特徴です。

“アサヒフレックスでドール撮影(1)” の続きを読む