函館西部地区(2)

 函館の街並み紹介シリーズ第三回目。今回は海近くの場所を色々歩いてみたいと思います。

 駅から朝市方向に歩いていくとお店のいけすを見つけました、函館らしい雰囲気です。

 こちらが「函館朝市」の建物です。建物も、周辺の道路も新しくきれいになりました。

 平成初期に撮影した朝市の様子です。当時と建物は変わってしまいましたが、函館の台所だけに賑わいは変わらないと思います。


 旧金森倉庫群を改造して作られたベイエリアの商業施設です。函館らしい写真が撮れる場所でもあります。

こちらが金森倉庫群です。

 そして函館といえばラッキーピエロです。函館発祥のファーストフード店ですが、個性的なメニューで何より美味しいです。今は人気に支えられ店舗数も増えました。流石にハンバーガーは無理ですが、オリジナルカレーはレトルト品が販売されています。

 「北海道第一歩の地碑」付近の桟橋にて。奥には連絡船摩周丸が見えます。

 話は変わり船見町周辺まで来ますと、名前の通り函館港の港口を見ることが出来ますので、函館港への入出港船を楽しめます。

 津軽海峡フェリーの「びなす」が出港して行きます。この「びなす」も2017年に引退してしまいました。


 異国情緒漂う街並みと海の幸が美味しい函館、この記事を見て興味を持っていただけたら是非訪れてみてください。

 函館市では「ふるさと納税」がご利用いただけます。興味のある商品がありましたら、是非「北海道函館市」のふるさと納税をご利用ください。

あわせて読みたい