清水沢ダム(夕張、リニューアル前)

 2015年に訪れた際工事が始まっていてその後どうなったかな?と思っていました「清水沢ダム」ですが、ネットで写真を探すと天端に設けられた道路や柵は美しく整備されていましたが、特徴的だった鉄骨の水門も撤去されてしまった様です。

 そこで今回は2012年、2015年と訪れた際に撮影したリニューアル前の清水沢ダムの写真をお届けします。

 ダム天端から見た上流側です。水門の開閉に使用すると思われる錆びた鉄骨の櫓が特徴的なスポットでした。実はここは北海道炭礦汽船(北炭)が炭鉱等で使う電力を発電する為に1940年に建設したダムなのです。

 国道側の道路脇にはこの様なコンクリート構造物が崩れた様なものも残っていました。これがどんな役目を果たすのかは分かりませんが、歴史を感じさせる雰囲気です。特に上流側にとても大きな夕張シューパロダムが出来たこともあり、実際行ってみると「小さなダム」なのですが、歴史を感じさせるその佇まいが印象に残る場所でした。

 天端を活用して敷かれた道路は車一台が通れる幅です。アスファルトは所々剥がれ、錆びた柵、そして鉄骨で出来た水門の枠と古い感じが良い雰囲気です。奥の山と錆色のコントラストもいい感じです。

 右に見えるのは水門の操作室の様なものでしょうか。下側のコンクリートが剥がれ素人目にも補修の必要性を感じさせる状態です。

 下を覗くと水門が見えます。この水門も新しいものに交換されたようです。

 奥に見えるのが清水沢火力発電所です。こちらはかつて東京以北で一番の発電量を誇った発電所で夕張華やかし頃を感じられる建物の一つです。

 柵は錆びて、土台であるコンクリートもボロボロです。「この雰囲気がいいんだ、このまま残して!」というのが私の様な余所者の気持ちですが、やはり地元の方々の安全を考えるとリニューアルは仕方ない状態です。細かい補修はしていても1940年から数えるとこの当時で75年位経過しているので仕方ないことです。

 清水沢火力発電所跡、建物の一部は壊されてしまった様ですが、華やかし頃の夕張を伝えるべく現在は炭鉱遺構として残されているようです。

 2014年に訪問した時工事用のガードレールが設置されていて「下流側を撮影する時、ガードレールが入ると雰囲気壊れるな。工事が終わったらまた来よう。」みたいなことを考えていましたが、工事が終わってみると全く雰囲気が変わってしまいました。

 やはり「行ける場所は行けるうちに、撮れる場所は撮れる時に」ということがとても大事だと痛感しました。

 ダムがリニューアルされ、通行も快適になりました。またリニューアルされたダムはそれはそれでここならではの魅力を持っている様なのでまた訪れてみようとは思いますが、炭鉱産業華やかし頃の雰囲気を残した古い姿も知って頂きたく今回ご紹介させて頂きました。

■ 関連リンク

・ 清水沢発電所(北海道企業局発電課)ダムについては記事下側に掲載

あわせて読みたい