プロペラカフェ(調布飛行場)

 調布飛行場は調布と伊豆諸島を結ぶ定期便が就航している地方空港ですが、この飛行場の隣地に建つプロペラカフェがその名の通り航空機マニアにはたまらないスポットです。美味しい料理、客席から飛行機を見れる絶好のロケーション、格納庫の見学権付と三拍子揃ったお店です。

 プロカフェは空港の制限区域内にありますので、敷地入口で入場チェックを受けてから入ります。やはり滑走路が真横を走るカフェとして人気も高いので、土日は昼時を外しても結構混んでいます。平日も昼時は混んでいます。そこを踏まえ今回は平日の15時過ぎに行ったので、比較的空いており、無事窓側席をゲットしました。

「これを私に全部食べろと・・・」

 ここの人気メニューの一つである「プロペラバーガー」を注文してみましたが、付け合わせのポテトの大きさにビックリの風花ちゃんです。

 プロペラバーガー近影。メインのハンバーガーはジューシーなパティに新鮮野菜、オーロラソースで本格的なハンバーガーです。ポテトは見ての通り家庭用の冷凍品を一袋丸ごと揚げたのでは?という位の超超ボリュームです。

 気を取り直して風花がポテトを摘まみ始めたら、伊豆諸島からの便が横の滑走路に着陸しました。ここのもう一つのウリはこのロケーションです。滑走路が真横を走っていますのでお食事を楽しみながら離着陸する飛行機が楽しめる寸法です。

 調布飛行場の滑走路は17-35(磁方位170度と350度を向いた直線という意味)ですが、このカフェは南側にあるので離着陸とも北風運用のランウェイ35の方が良いかと思います。しかし風は自然の物ですので運もありますが、冬時期の方が飛行機の離着陸はより楽しめると思います。

 料理もおいしく、飛行機も見れてご機嫌になった風花ちゃんです。(先程の料理を置かれた直後の写真と表情を見比べてみてくださいw)

 そうこうしているうちにまた着陸機が!冬季の現在は15:50、15:50、16:00と着陸機が続くこの時間が空いている&着陸機を満喫でオススメタイムです(着陸はこの時間の少し前になります)。航空機の時刻については新中央航空のホームページをご確認ください。

 店内には調布飛行場の航空無線が流れていますが、「ランウェイ、ツリー、ファイブ(35)オールクリア」とか「リポート、ヨミウリ(ノボリト)」とか聞こえてくると数分で着陸します。逆に「ランウェイ、ワン、セブン(17)」と聞こえてきたら残念、反対側に着陸しますのであまり見えません(17の離陸は見えそうですが)。

 またここはカフェだけではなく横にある格納庫も、トラバーの中のみですが見学できます。

 小型機と言ってもこうやって目の前で見るとかなり大きいです。色々見れてご満悦の風花ちゃんです。

 撮影は自由ですが、お触りは禁止ですw。

 最後にメニューを撮影してきました。クリックすると長辺3600pxの超大型画像になりますのでメニュー名や価格も読めるかと思います。だいたい1500円以下でこのロケーション、格納庫の見学権付ですから飛行機好きにとってはバーゲンプライスです!

■ 関連リンク

・ プロペラカフェ公式ページ

・ プロペラカフェ公式ツイッター

あわせて読みたい