柿の葉すし(柿の葉すし本舗たなか)

 今日は奈良五条の伝統すしである「柿の葉すし」をご紹介します。今回食べた柿の葉すしはそのルーツは明治時代にも遡る「柿の葉すし本舗たなか」のものになります。デパートにも並ぶ伝統の逸品です。

 今回の柿の葉すしは「お正月スペシャル」なのでレギュラーメニューではない海老や金目鯛も入っていますが、柿の葉に包まれた本来の柿の葉について色々解説していきます。

 柿の葉すしを作っているたなかさんの由来は明治時代に遡る様で、奈良地方の大工の棟梁であった田中さんの奥さんが作っていた柿の葉すしが由来ということです。当時は五条駅前の駅前食堂で夏の期間だけ提供されていた様ですが、昭和48年にお孫さんにあたる現相談役である田中修司さんによって「柿の葉すし本舗たなか」が創立されました。明治時代から地元で柿の葉すしを提供してきたのですから大変歴史のあるお店です。

 奈良県は海がありませんので、海辺の寿司とは異なる保存食的な要素が含まれています。塩や酢でしめられたネタをシャリの上に乗せ重石をきかせた押し寿司です。また柿の葉に包まれていることにより独特の香りが加わり、シャリに味が馴染んだ海辺の寿司とは違う美味しさがあります。

 今回はたなかさんのおすしなのでたなかさんの話をしていますが、奈良五条では伝統的な料理の一つで祭りなどでも振る舞われるようです。

 お寿司はこの様に木箱に入り太目のゴムでギュッと圧迫されています。輸送中もお寿司に重しが乗った状態になり、シャリにネタの味が馴染んで箱詰めされた直後よりますます美味しくなるのです。

 蓋を開けるとお寿司がびっちり詰まっています。センターの海老、金目鯛はお正月スペシャルでレギュラーメニューではありませんが、左右の鯖、鮭が本当の柿の葉すしです。

 お寿司だけでワンカット!

 包んでいた柿の葉を外して早速風花ちゃんに一個食べて貰いましょう。実際はこの様に柿の葉を開けると寿司が逆さになってしまうのですが、写真映えしないのでお寿司は起こしました。

 重しが効いてネタとシャリが一体となったお寿司は味が馴染み、柿の葉の香りがほんのり付いている上品なお寿司です。

ご機嫌そうな顔w

スペシャルの海老と金目鯛



 楽天でも近鉄百貨店しか取り扱っていないような高級品なので味は◎です。

あわせて読みたい