「時刻表 完全復刻版 1964年9月号」レビュー

 今日は「時刻表 完全復刻版 1964年9月号 (JTBのムック) 」を手に入れましたのでレビューしてみたいと思います。最近訪れている北海道の炭坑遺構にも鉄道の痕跡がありますが、炭坑の閉山は昭和40~50年代なのでこれらの鉄道はほぼ営業中です。また個人的によく出掛けている奥多摩ロープウェイもまだ営業中です。

 タイムカプセルを開けたような面白さがある一冊なので少しだけ紹介をしてみたいと思います。

 この本は昭和39年9月の時刻表を再現していますが、この月というのは大変重要な月でもあるのです。来月の10月に東海道新幹線の東京-新大阪が開業しますので昭和39年9月は「日本に新幹線の無かった最後の月」ということになります。

 まだ東海道の鉄道輸送の主役は在来線のこだま、ふじ、はとなどの特急たちでした。風花ちゃんも気になっているようなので早速中を一緒に見てみたいと思います。

 北海道の地図を見ると「こんなに鉄道があったのか?」と驚かされるかもしれません。国鉄末期~JRで消えていった地方交通線は勿論、私鉄の羽幌炭礦鉄道、留萠鉄道、天塩炭礦鉄道などから簡易軌道の歌登町営軌道、士別軌道まで多くの路線が載っています。

 逆に無くなったものばかりではなく、北海道新幹線は勿論、海峡線、石勝線もこの頃にはまだ存在しません。

 来月の東海道新幹線開通を目前に大々的な広告が打たれています。反対側のページは特急列車の一覧(当時もの)ですが、現在の様に下りは1、3、5号、上りは2、4、6号となっていません。第1こだま、第2こだまの様に頭に順番が付き、下り第1こだま、上り第1こだまの様に呼んでいたようです。今の知識で考えると間違いやすいところです。

 特急だけでなく急行も例えば急行加賀では第1加賀、第2加賀と今のような~○号とは異なる表記ですが、準急はわかさ2号の様に今と同じです。しかしやはり上り下りの区別はありませんので一日2本のわかさ2号が走っていました。

 現在では普通列車以外は何でも特急ですが、特急は特別急行の略で昔は普通、急行の二種でした。そして普通以上急行未満の列車は準急、急行以上の列車は特別急行=特急となったのですが、国鉄末期から特別料金を手頃に値上げする手段として急行は停車駅や所要時間がほとんど変わらないまま次々と特急に格上げになり、急行という種別がJRからほぼ消滅しました。

 また広告は大人の事情で載せて良いものと悪いものがある様で、一部白紙になっている場所がありますが、名産品などは恐ろしく安く感じます。ちなみに国鉄の当時の初乗りは10円でした。

 先程一番変化があった北海道の地図に言及しましたが、東京も55年の間に大きく変化しています。武蔵野線など貨物線を利用した旅客線、東京地下発の総武快速線もこの頃はまだありません。西国分寺駅もなく奥多摩駅は氷川駅でした。

 そして一方消えていった路線もあります。武蔵五日市の奥の武蔵岩井駅に続く支線がこの当時はまだ存在したようですし、奥多摩ロープウェイの小河内観光も営業しています。ちなみに奥多摩ロープウェイは片道60円で日中8分間隔で運転していたようです。

 東海道新幹線開業前夜という一つの区切りになる時期の時刻表ですので、多くの人の話題になるという意味では良い時代をチョイスしたなと思います。しかしこの本一冊の楽しみ方は手にとった人の数だけ広がるのではないでしょうか。

 例えば現在は通勤路線としてステンレスの10両編成が走っている埼京線の末端、大宮-川越の川越線が昭和の時代にはディーゼルカーが走っていた路線であったことは多くの方が知っているところだと思いますが、この時刻表を見ると一日一往復ですが、客車列車が残っています。客車列車が走っていたことはどこかで聞いたことがありましたが、実際時刻表を見たのは初めてでした。

 思い入れのある路線や、気になっていた路線の鉄道が最も輝いていた時代の姿をこの時刻表を通してイメージすることが出来そうです。

 そして写真の様にパラボ80ドールには人間用の一番大きな時刻表相当の大きさになりますので、ドール用時刻表としても使えることも付け加えておきますw。


時刻表 完全復刻版 1964年9月号 (JTBのムック)


時刻表 完全復刻版 1964年10月号 (JTBのムック)

新幹線が開業した月の号もあります。

あわせて読みたい