篠ノ井線 姨捨駅

 今回は長野県にあるJR東日本篠ノ井線の『姨捨駅』にやってきました。今日はこの姨捨駅と近くにある姨捨公園をご紹介します。

DETA : 21mm(31mm)、1/250、f16、ISO200、WBオート、C/I人物

 高尾駅から5時間半ほどで無事姨捨駅に到着、本来ですと4.5時間ほどの所要なのですが、本日は列車アクシデントの為予定より1時間ほど遅延しての到着です。駅名の『姨捨』はあの『姨捨山』の物語にある『姨捨』です。

DETA : 16mm(24mm)、1/45、f8.0、ISO800、WBオート、C/I雅(MIYABI)

 この駅はこの様な重厚な木造駅舎のある駅ですが、無人駅です。しかし多くの旅行者が立ち寄ることから周辺住民有志が記念乗車券を販売する業務を行ったりしている時もある様です

DETA : 16mm(24mm)、1/45、f16、ISO3200、WBCTE、C/Iリバーサルフィルム

 駅舎内の雰囲気がレトロで良かったので撮影。白熱電球の味が良かったのでホワイトバランスはCTEでアンバーを強調、更にアンバーを+7してアンバー増し増しの写真です。こういった正確なホワイトバランスではなく雰囲気重視の写真が撮れる機能もPENTAXカメラの楽しいところです。

 他社のカメラで電球色を強調したい場合はホワイトバランスを「晴天日陰」「曇天」などにするとアンバーが強調されますのでお試しください。

DETA : 16mm(24mm)、1/45、f8、ISO400、WBオート、C/I人物

 またホーム待合室も木材を利用した古風な感じで、窓から見える木造跨線橋と相まってレトロな良い雰囲気を醸し出しています。

DETA : 26mm(39mm)、1/60、f11、ISO200、WBオート、C/Iリバーサルフィルム

 しかしここの一番の見所はやはりこのホームから見える善光寺平(長野盆地)の展望だと思います。そうです、駅から●分の展望台ではなく、ホームから見れる展望が日本三大車窓の一つなのです。

DETA : 16mm(24mm)、1/180、f11、ISO200、WBオート、C/I雅(MIYABI)

 一般的にホームのベンチは列車に向いて座りますが、ここのベンチは列車に背を向け展望を楽しみながら座ります。背もたれ付きのベンチも展望が見やすい様列車に背を向けた配置になっています。

DETA : 26mm(39mm)、1/750、f5.6、ISO100、WBオート、C/Iリバーサルフィルム

 ホームから見る善光寺平(長野盆地)の展望です。夜景もまた美しいのは容易に想像が付きますが、この方角はおよそ北東方向で早い時間に月が上ってきますので夜景+月の写真が撮れるスポットとしても有名です。

 ところでこれは好みもありますが、善光寺平(長野盆地)の展望!ということで16mmが使えるレンズを持ってきましたが、実際遠景オンリーで撮るならこの様にフルサイズ換算で40mm位の焦点距離の方が良い様です。16mm位の超広角ですと見所の盆地が小さくなって空ばかりになってしまいます。

DETA : 16mm(24mm)、1/500、f5.6、ISO200、WBオート、C/I人物

 ホームから見れる景色も絶景ですが、駅から歩いて10分程で行ける姨捨公園も併せてご紹介しておきたいと思います。途中篠ノ井線を渡る踏切が警報機の無い『四種踏切』なので注意して渡ってください。

四種踏切「止まれ、見よ!」
シャロ「見たよ!」

DETA : 16mm(24mm)、1/500、f11、ISO200、WBオート、C/Iリバーサルフィルム

 駅からはアップダウンがありますが、10分程度で無事到着しました。こちらの姨捨公園は方角的に東北東、あるいは真東位の展望になります。

 先程のレンズの焦点距離の話の続きですが、この写真はドールや公園の看板、ベンチなどを入れて撮っていますが、遠景オンリーで16mmですと折角の盆地が迫力不足になってしまうのがご理解いただけるかと思います。遠景オンリーでこの場所で一番区切りの良い単焦点というとフルサイズ換算35mm(APS-Cなら24m)位となるのでしょうか。

DETA : 35mm(52mm)、1/60、f5.6、ISO100、WBオート、C/I人物

 今回は走行中の異音の関係で甲府駅での接続がうまくいかず、高尾駅から約5時間半位かかりましたが、普通は4時間半程度で到着できます。東京地区から朝早めに出て現地滞在1時間程度でプランを立てると日帰り+松本駅周辺でそばを食べて帰ってくるくらいのプランは立てられると思います。

 また日本海側へ抜ける途中や長野旅行のプランの中に入れるのも良いかと思います。先程も書きましたが、日本三大車窓の一つに数えられる姨捨駅から見る善光寺平(長野盆地)の展望、機会があれば是非一度見に行ってみてください。

 もう一つ姨捨駅にはこんな楽しみ方もあります!

■ 今回の記事に使用した機材

icon icon
PENTAX KPicon(ビックカメラ)
他の取扱店:Yahoo!ショッピングAmazon楽天市場など
icon icon
HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WRicon(ビックカメラ)
他の取扱店:Yahoo!ショッピングAmazon楽天市場など

 今回の姨捨駅行きは青春18きっぷ利用の日帰り紀行です。この様な乗り換えの多い鉄道旅行旅ではAPS-Cサイズのカメラ+ズームというコンパクトさが重宝します。今回は後ほどご紹介する○○の為18-135とせず広角端に強い16-85をチョイスしています。

あわせて読みたい