ヤマサ水産の海鮮丼(那珂湊)

 今日は那珂湊のヤマサ水産の和風レストランで海鮮丼を食べて来たいと思います。水産会社直営レストランの海鮮丼ですから期待も膨らみます。

 那珂湊駅はその名の通り海に近い港町の駅です。この駅から歩いて15分程の漁港近くには『那珂湊おさかな市場』があり、11店舗が店を連ねた名所の一つになっています。ヤマサ水産さんも3店お店を出店していますが、今回はお魚センター上にある和風レストランへと行ってみたいと思います。

 ちなみにひたちなか海浜鉄道の那珂湊駅では電動自転車を1日1000円で貸してもらえます。歩いても行けない距離ではありませんが、他にも色々廻りたいというなら駅窓口で申し出て連絡先などを記入すれば電動自転車で快適に市内巡りが出来ます。

 もう少し宣伝しておくと電動自転車は普通のカゴ付きママチャリタイプ、クロスバイクタイプ、子育て世代向けの三種があり、台数も多くありますので安心だと思います。

 ヤマサ水産さんのお魚センター前に到着。ここで後悔しているのが、海鮮丼に気を取られ1階を訪れ&撮り忘れたことです。お土産少し買って「ドールと撮らせてください!」とお願いして(多分OKして貰えた)店内の賑わいも撮って来ればよかったです。次回行ったらアンコウとツーショットでも撮ってきますw。

 階段を上がって2階へ行くと入り口前には美味しそうなメニューがずらり!優柔不断なら何を食べて良いのか迷ってしまいそうですが、今回のお目当ては「海鮮丼」です!もう迷わずそのまま店内へと入ります。

 お昼過ぎに行ったこともあり、店内は比較的空いており窓際の席に通して貰えました。この様に人が多く集まるお店は「ピークを外す」のもゆっくり味を楽しむコツの一つです。

 注文して5分ほどで海鮮丼が到着です。正直こうした漁港近くの店なら味的に外れは少ないと思うのですが、こうした想像を超える盛り付けは旅人の気分を高めてくれるので嬉しい取り計らいです。

 器からはみ出すように大きくカットされたネタが水産会社直営の海鮮丼という雰囲気です。水産会社直営の迫力という感じです。更に「お食事が終わったらお声掛けくださいね~」の一言、食べた後ゆず味のサービスもありました。ちなみにここ迄ボリュームがあって1500円、価格的にも嬉しいリーズナブルさです。

 味噌汁も大きな器にあさりいっぱいの味噌汁、さあシャロさんは何から食べますか?手前に写っているお漬物も左の茶色いのは魚のフレークを醤油で煮込んだとても美味しいものでした。普段の食生活ならこれだけでご飯1杯食べられる味です。

 水産会社直営ということで入店前から安心していましたが、店員さんの雰囲気も良く(優しい)、ボリュームもあるお店でしたので楽しく美味しい時間を過ごすことが出来ました。やはり海が見えるところに来たら美味しい海の幸を沢山味わいたいものです。

■ 今回訪れたお店

■ 今回使用した機材

icon icon
PENTAX KPicon(ビックカメラ)
他の取扱店:Yahoo!ショッピングAmazon楽天市場など
icon icon
HD PENTAX-DA 21mmF3.2AL Limited icon(ビックカメラ)
他の取扱店:Amazon楽天市場など

 今回は「ひたちなか海浜鉄道沿線で一日遊び倒す!」という計画でしたのでレンズは広角系でパンケーキサイズのDA21mmLimitedという選択です。パンケーキといえば40mmF2.8の小ささでは上を行きますが、APS-Cでは60mmとやや望遠気味となりスナップには向きません。しかし21mmならAPS-Cなら約32mmでGRシリーズの28mmと良い勝負の使いやすい画角になりますのでパンケーキ一本でお出掛けというなら勿論撮るものにもよりますが、街歩きなら40mmより21mmをおすすめします。

あわせて読みたい