大王わさび農場とわさびソフトクリーム

 今日は長野県の安曇野にある大王わさび農場をご紹介します。JR大糸線線穂高駅から徒歩30分程の場所にある同農園ですが、入場は無料、広大な敷地の中は一面美しい水とワサビ、ワサビ!というようなスポットです。

 今回は穂高駅前で1時間200円で貸してくれるレンタサイクルを利用しました。往復と見学で2~3時間見ておけばよいのではないでしょうか。やはり夏場の暑い時期ですから歩いて行けないことも無いですが、体力温存です。また広大な駐車場もありますから自動車バイク等で来園することも可能です。

 入口にある農場の地図、とても広大な敷地が広がっているのが分かります。早速中に入ってみましょう。

 自由に見学できる通路の下にはわさび農場が広がっています。夏の直射日光を避ける為に黒い覆いがされていますが、中にたくさんのワサビを見ることが出来ます。

 そして栽培中のワサビの横には美しい水が絶え間なく流れてります。この豊富な美しい水こそがワサビ栽培の必須条件なのです。

 広大な敷地には効果的に水路が造られこの様な感じでワサビ栽培が行われています。きっちり測った訳ではありませんが、多分この写真に写っている部分だけで農園の一割位、とても広大なワサビ農園です。

 そして先程も申しましたが、ワサビの栽培には豊富な美しい水が不可欠です。この農園の中にはそれを象徴するかのように敷地内を小川が流れ、そしてその畔には水車小屋があります。

 小川の畔の水車小屋は全部で3戸建っていました。本当にこの一角だけでも絵になる農園です。地図で調べて見ると一級河川『犀川』の支流である『万水川』の一部が分岐している感じです。

 ところでここへ来たら是非食べて貰いたいのが『ワサビソフトクリーム』、一見奇抜な組み合わせにも感じますが、ワサビとソフトクリームの組み合わせはなかなかです。クリームの中の粒々が多分わさびです。

 ノーマル300円、プレミアム480円でしたので今回はプレミアムを注文しました。 プレミアムはコーンが異なり、一番はこのおろしたてワサビがトッピングされています。

 さあ、シャロさんにも食べて貰いましょう。ワサビ+ソフトクリームという組み合わせに興味津々という感じです。

「ペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ・・・」
 カフェインはダメな娘ですが、ワサビは問題無いようです。

 また敷地内にはこの場所ならではの信州そば+ワサビという組み合わせのメニューもありました。ソフトクリームだけでなくワサビをメインとしたさまざまなメニューを敷地内で楽しむことが出来ます。

 入場無料でとにかくワサビ、ワサビとワサビを存分に堪能できるスポットです。穂高駅は松本駅から30分程度で行けますので信州旅行の中に組み入れることも可能なスポットでもあります。

■ カメラマン妹尾の機材一言

icon icon
PENTAX KPicon(ビックカメラ)
他の取扱店:Yahoo!ショッピングAmazon楽天市場など
icon icon
HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WRicon(ビックカメラ)
他の取扱店:Yahoo!ショッピングAmazon楽天市場など

 電車で移動してそこからレンタサイクルということでやはり機動性を考え今回の取材ではこの組み合わせです。「何の為にレンズ交換式のカメラを使っているのですか?」と突っ込まれそうですが、この一本付けっ放しで広角から望遠までいけますので万能感は高い組み合わせです。

 今回はワサビ農園ということでワサビや小川の美しい緑も緑を美しく表現したかったのですが、緑の発色が得意なPENTAXですからこの農園の美しさをお届け出来る写真が撮影できたのではないかと思っています。

あわせて読みたい