鶴ヶ城の石垣に隠されたハート型の石

 城といえば石垣が至る所に存在しますが、今回紹介する鶴ヶ城の石垣にはハート型の石が3つ隠されていると言われています。今回はそのハート型の石を3つ紹介したいと思います。

 とは言ったもののあまり詳細に書き過ぎてしまうと宝探し的な楽しみが奪われてしまいますし、城郭の石まで含めた無数の石からたった3つのハート型を探すのも至難の業です。そこで今回はあまり詳細は書きませんが、背景はそこそこ写っていますのでそれらをヒントに探して貰えればと思います。

 まずは3つの中で一番大きなハート型です、階段脇です・・・。見つかりましたでしょうか?

 石垣にピントを合わせた写真です。右の看板が実際現地で探す時はヒントになりそうです。見つけられない方は首を右に45度位傾けてみてみてください。

 どうでしょうか、これで見つかりましたでしょうか?こんな感じで残り二つも探してみてください。

 2つ目はどうでしょうか?今度は先程と異なり3つの中で一番小さいハートです。今回は写真で中心部分にハート型の石がありますので見つけやすいですが、現地では小さいので少し見つけにくいかもしれません。

 ここのハートは不自然に切り欠いていることから、おまじない的に埋められたものという説もあるそうです。この城が築城された当時に「ハート型」という概念は存在しませんから、魔除けの「桃」という説もある様です。門扉のすぐ横の石ですから(この説明が石のある場所のヒントかもしれません)、「変な者が入って来ない様に魔除けの桃を埋め込んだ」というと納得のいく説明です。

 そして3つ目がこちらです。しかしこの写真だと石垣部分のピンが甘いので見つけにくいかもしれませんね。

 どうでしょうか?分からなければ首を左に90度倒して見て頂くと分かるかもしれません。

 実はこの知識を私自身も持ち合わせていなかったのですが、現地でドール撮影をしている時に「鶴ヶ城の生き字引き」の様な方に現地で出会い、色々と教えて頂きました。「桃の魔よけ説」もその方から教わりましたが、2番目の石には他にも色々諸説がある様です。

 是非鶴ヶ城を訪れる際はこのページをブックマークして頂き、これらの写真を参考にハート型の石を探してみてください。インターネットで調べて見ると上の2つは有名な様で「両方見れると幸運が訪れる」と書いてあるページもありました。

 そして石を撮影中に私の出会った「鶴ヶ城の生き字引き」の様な方に声をかけられたら、もっと色々と鶴ヶ城の秘密について聞けるかもしれません。

■ カメラマン妹尾の機材一言

icon icon
PENTAX KPicon(ビックカメラ)
他の取扱店:Yahoo!ショッピングAmazon楽天市場など
icon icon
HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WRicon(ビックカメラ)
他の取扱店:Yahoo!ショッピングAmazon楽天市場など

 今回も電車移動の旅でしたのでこの組み合わせをメインに55-300や10-17FISH-EYEズームなどを持っていきました。しかしこの様なロケーションで今回の様な説明的な写真を撮影するならこの16-85だけで十分です。また16-85は18-135と異なり自重でズームが移動しないので片手ドールの撮影時も有利です。

あわせて読みたい