RICOH GRⅢ 到着第一報レビュー

 昨日はGRⅢの発売日でした。ということで予約していたGRⅢを早速レビューしてみたいと思いますが、一方でGRデビューで細かい使い方がよく分かっていなかったりするので、今回は開封の儀と撮影してみたAPS-Cサイズセンサーさらではの解像感をお届けするような感じの速報レビューをお届けしたいと思います。

 小さなコンパクトカメラが入っているケースですからそれほど大きいという印象はありません。Kマウント系はシルバーの箱に入ってきますが、GRⅢはグレー基調の箱に入ってきました。

 同梱物は本体の外に左から取扱説明書、保証書、冊子一式、ストラップ、USBケーブル(充電、パソコン接続用)、電源アダプター(コンセント部脱着式)、専用電池、ブルーのリングキャップ(初回ロッド限定)です。

 本体は限定のリングキャップに交換、充電用のアダプターも組み立ててみました。アダプターは電源部とコンセント部に分かれるのは海外仕様に対応する為でしょうか。ところでバッテリーは本体に装着して本体で充電出来ますが、バッテリー充電器 BJ-11は別売です。ここ注意点です。

 同じセンサーサイズなら一眼レフを持っている訳だし、わざわざ高い金出してGR買わなくてもいいだろう。むしろそんな金があるならKマウント系レンズを充実したい」という気持ちがあり、Ⅱは見送ったというか全く興味が無かったのですが、スクエアで「ちょっとだけ触ってみてくださいよ」と持たされそのコンパクトさに驚きました。

 レンズ交換不可とはいえ1/1.7サイズのQ-S1とほぼ同じ大きさです。ポケットに入る大きさで一眼レフ同等の画質、対暗所耐性というのはとても魅力的で購入に踏み切りました。

 レンズは18.3mm、フルサイズ換算で約28mm、f2.8の単焦点です。また三軸手振れ補正も付いていますのでK-70同等のISO102400まで設定できる高感度と相まって夜間の手持ちスナップにもバッチリ対応できそうです。

 裏側の操作系は一般的なデジカメという感じでPENTAXとは雰囲気が少し異なります。ドール撮影で良いなと思った点はタッチパネル式で測距点を選択できる点です。フレーミングしたら目のある場所をタッチしてあげるだけで目にピントを合わせてくれます。

 逆に私的に残念なのはPENTAXで慣れ親しんだ「カスタムイメージ」ではなく「イメージコントロール」という似たような機能である点でしょうか。またRAWでの保存が可能である反面、DCU5が使えません。RAW現像ソフトは同梱されませんので、自分で用意する必要があります。

 と高性能が魅力である反面、PENTAXのカメラと考えると「違う」点も幾つかあるGRⅢですが、ポケットに入る大きさで一眼並みの画質が得られる、暗所でもドールスナップが期待出来そうと購入前に期待したことは達成できている感じです。

 一方操作系はPENTAXのカメラという感じではないので、ここは説明書をしっかり読んで使い方を習得しておきたいところです。また様々な便利な機能は使ってみたうえで紹介していきたいと思います。

 最後に部屋で撮影してみた写真を何枚かご紹介します。部屋の蛍光灯下で撮影しましたのでストロボは使用していませんが十分手持ち撮影が可能です。

1/30、f2.8、ISO200

 単焦点で開放F値が小さいので開放で撮影すれば1/30のシャッター速度でもISOは200でした。APS-Cサイズのセンサーを積んでいますので、開放で撮影すると背景は写真の通りきっちりボケてくれます。

1/30、f8、ISO1600

 f8まで絞ってみました。背景のカレンダーが開放に比べくっきり写る様になりました。大型センサーならではの絞りコントロールが楽しめます。またISO1600ですが、画質は高ISOという印象は受けません。PENTAXはISO3200、6400は常用感度ですが、対暗所性能はバッチリ受け継がれています。

1/30、f8、ISO2000

 また最短撮影距離は10cmですが、マクロモードにすると6cmまで寄ることが出来ます。ググっと寄ったこんな写真も撮影可能です。

 上のアップの写真を更に拡大してみました。クリックで拡大した写真はピクセル等倍の90%の画像です。アイの印刷のメッシュやメイクの細かいところまではっきり分かります。また髪の毛も一本一本きっちり解像していてクリアです。「レンズを交換しなくて良い強みで一眼レフの解像度を超えるかもしれない」と某筋から聞いていましたが、クリアな見ていて気持ちよい画像を吐き出してくれます。

 とりあえず購入初日で表面だけのレビューですが、色々試してみたくなる高画質で購入して良かったという感じです。また色々撮影したら続編をお届けしていきます。

楽天で最安値を確認してみる。

あわせて読みたい