何を主題にするかを考えて撮影する

 写真とは目の前にあるものをそのまま簡単に記録出来る便利なツールです。しかし漫然と撮影して、その時、その場所の感動を伝えるのはなかなか難しいものです。今回は漫然と撮るのではなく視点を変えてみると写真が変わるというお話をしてみたいと思います。

 例えば公園を歩いていたらこの様な一面に咲いたタンポポを見つけました。この場合どう撮影したらよいでしょうか。

 勿論何を伝えたいかによって撮影方法も変わってきますので、今回ご紹介する方法が唯一の正解ではありませんが、意識しないと写真は面白いものにならないことをご理解いただければと思います。

 まずはその場所から、立ったままの目線で撮影してみました。目で見た光景をそのまま一部分切り取った形です。しかし写真にしたのは一部分ですし、モニターに映し出したり、プリントにした写真は縮小されていますので迫力はイマイチです。
また写真にしてみると思ったより花の無い緑色の部分も目立ちますし、花が小さすぎて何の花か分かりません。

 そこで私は今回この様にこの風景を切り取ってみました。元気な花の株にグッと寄ってその花を主題にして他の花は小さく背景として散りばめた感じです。グッと花に寄ることにより、写真にメリハリが出たのでは無いでしょうか。

 写真は見たまま写すと、大抵の場合は見たまま以下の迫力になってしまいます。そこで何を主題にするか、引き立たせてあげるかを考えてあげる必要があります

 今度は縦位置にして撮影してみました。花も正面から写せていますし、背景の黄色い花の散らばり具合もいい感じです。タンポポが一面に咲いている雰囲気が伝わる写真になったのでは無いでしょうか。

 欲張ってもう一枚、花が多く咲いている株が密集している場所に行ってみました。こちらの方が黄色みは多いのですが、花に元気が無いので写真を見る人は全部の花が写真の様に半開きと受け取ってしまうかもしれません。

 どちらも一長一短ですが、この環境でしたら花が元気な上の写真の方が良いと思います。そして数日して花が完全に開花したら下の場所の方が本当に一面満開の様な良い写真になると思います。

 ドールの場合好きなポーズで好きな場所に配置出来ますが、自然相手はなかなか難しいものです。

 同じ場所で撮影しても立ったままの目線の高さで撮影したものと、意識して花に寄った写真では受ける印象が全く異なるかと思います。写真を撮影する時は「何を主題にするか」を考えて撮影すると伝わり方が違ってきます。

Author: DOLLMAN SENOO