ますのすし(ますのすし本舗 源)

 もう全国的にあまりも有名な駅弁の一つですが、今日は北陸新幹線に乗ったり、北陸地方に行ったら是非食べて欲しい駅弁「ますのすし」をご紹介します。

 ますが描かれた箱の中にはあの「ますのすし」が入っています。「寿司」というと「生もの」という印象を受けますが、保存食的要素もありますので公式では「常温で製造後48時間」の賞味期限になっています。翌日まで食べられますので、お土産にも大丈夫です。

 また冷蔵保存すればもっと長く持つのでは?と思うかもしれませんが、冷蔵庫に入れると水分は抜けご飯も固くなってしまいますので、あくまでも高温多湿を避け「常温」が良いようです。

 中を開けると青々とした笹の葉に包まれたますの押し寿司が出てきます。押し寿司を包んでいる笹の葉には抗菌効果があり、昔ながらの食品保存の知恵です。

 「押し寿司」の名前通り中の箱はゴムでしっかり圧がかけられていますので、時間の経過と共にマスの旨味が酢飯に染み込み美味しさが深まります。

 あーそんなに焦ってはいけません。

 付属のナイフでピザやケーキのように食べやすい大きさにカットして頂きます。

 そして食べ終わるともれなくこんな顔になる美味しさです。

 やはり折角なので北陸地方を訪れた際に食べて欲しい駅弁ですが、「時間の都合で行けない」という人向けに楽天で通販も行っています。どうしても我慢できなくなったら通販を利用する手もあります。



ますのすし本舗 源の通販ページ(楽天市場)

 店舗は富山県内のJR駅に数多くありますが、今回は新高岡駅で購入しました。

あわせて読みたい