宇都宮餃子館

 宇都宮は浜松と首位を競う餃子の名産地です。宇都宮駅は新幹線の停車駅ですし東北本線の普通列車も多くは宇都宮駅で系統が分断されていますので、時間が許せば是非途中下車して宇都宮餃子を味わいたいものです。

 改札を抜け西口へ出ると「ようこそ!餃子の街へ!」の看板がお出迎えをしてくれます。時間帯や風向きによってはほんのりごま油が焦げる匂いがして「餃子の街」に降り立ったことを実感させてくれます。

 今回は「ようこそ!餃子の街へ!」の看板の下に店舗を構える「宇都宮餃子館」に行ってみることにしました。餃子の街だけに街中いたる所に餃子店はありますが、駅改札から最短で到達できる餃子店です。

 お店の雰囲気は東京にもある餃子チェーン店のような雰囲気で、観光地の特別な雰囲気のお店というよりは敷居の低い餃子チェーン店という感じです。もっとも「宇都宮餃子館」が宇都宮駅前に4店、宇都宮インターにも店舗を構えるチェーン店です。

 観光客が行列を作るお店と言うよりは平日日中は駅前で働くサラリーマンで賑わいそうな雰囲気です。

 そして餃子の街らしく餃子を擬人化した(という表現で良いのか?)石像が店舗前にあります。

 この石像は「スタミナ健太」といい「宇都宮餃子館」のイメージキャラクターです。横の説明書きには石屋さんが間違って「スタシナ健太」になってしまっていることや、餃子は幸せを包む開運の縁起物である様なことが書かれています。

 それでは早速店内に入ってみましょう。

 メニューは色々ありますが、折角餃子を食べに来たのですから餃子を食べます。様々なバリエーションの餃子が楽しめる「餃子いろいろ8種食べ比べ」を注文します。+250円でご飯、香物、スープを付けたセットにすることが可能です。

 注文をして暫くすると焼きたての餃子が着弾です!

 やはり餃子だけではお腹いっぱいにはなりませんから、こちらのセットがおすすめです。

 8種類の餃子は見た目では分かりません。そして並びもランダム!この辺は意見が分かれるところですが、どれがどの餃子を当てながら食べてみるというのも面白そうです。個人的にはシソ、チーズが◎、エビも美味しく食感が◎でした。

 何度か宇都宮に寄った際は食べていますが、個人的には皮が薄く具もしっかり入っているここの餃子はお気に入りです。しかし普通のチェーン店ぽい雰囲気で、気軽に入れてしまう分観光地独特の有り難みは少ないです。観光地の雰囲気が欲しくて時間にも余裕がある方は行列の出来る店に行った方がいいかもしれません。

 先程餃子は縁起物と書きましたが、美味しい餃子は人を幸せにします。またここ宇都宮餃子館はテイクアウトや通販も行っていますので、「お家で宇都宮餃子館」も楽しめます。

あわせて読みたい