PRSP(PENTAX RICOH Service Professional)

 先日PRSP(PENTAX RICOH Service Professional)の会員証カードが届きましたのでPRSPについて少し書かせて頂きます。PSP時代から含めるとお世話になり始めて間もなく3年になりますが、親身に対応して頂いています。上位二社の様な派手さはありませんが、ある時は毎日使っている機材の主治医であり、ある時は機材を購入する時の良きアドバイザーとなってくれています。

 特に嬉しいのはただ勧めるだけでなく、時には「その機材選択だと妹尾さんの求める性能は期待できませんよ」ということも言って貰えること。ここが開発スタッフも配置している直売店の強みかなとも思います。

 前身であるPSPのカードはクレジットカードと併用だったので、専用カードでカードデザインも格好良くなったのは「RICOHのやる気」かなと嬉しく思います。間もなくお世話になって3年になりますが、ガンガンPENTAXやRICOH製品を使い倒す人は入っておいて損はないサービスだと思います。

 修理代等の金銭的な割引も勿論嬉しいですが、機材無料試用サービスも実際使ってみて期待に応える成果が出るのか確認できますので重宝しています。PRSPになり台数制限が撤廃されましたので、お仕事で頻繁にPENTAXやRICOH製品を使っている人なら是非概要等を読んで検討してみてください。

 しかしメインはPENTAXじゃないのであまり使わないという人にはメリットは少ないと思います。ストラップなどのノベルティやグッズの特典等は殆どありませんので入会しているだけでは殆どメリットを感じないと思います。

 またプロじゃないけどPENTAXのヘビーユーザーならファミリークラブ(プレミアム)がおすすめです。機材購入もポイントで結構還元してくれますし、機材試用無料、修理代割引などプロ同等とまではいきませんが、かなりお得にPENTAXライフが送れます。

 という訳で現在PENTAXのプロサービスでは専用デザインのストラップの頒布は行われていないのですが、通常製品の中にプロスト相当のストラップが存在します。某社のプロストと使い勝手が似ていて、

・中央の太い部分が製品付属のものと比較して少し短く使いやすい

・中央の太い部分が薄くて柔らかく手首に巻き付けやすい

・薄くてペラペラなので、高級感は製品付属の方が上w

みたいな実用本位のストラップです。私はこの感触が好きということもあり、交換していますが「プロスト嫌い」という人も居るので好き嫌いもある様です。しかし他社のプロストがネットオークション等で何万円もの価格で売られているのを見ると「タダで貰ったものをなんだかなぁ~(呆)」となるので、欲しい人は3000円台で普通に購入出来るPENTAXってユーザー想いで好き!となる訳です。

 ペラペラですが、その分付属品より使いやすいので興味のあるPENTAX使いにはオススメのストラップです。プレミア価格を払わずにプロストラップの使い勝手を享受できるのはPENTAXユーザの特権ですw。


 しかしかつてはPRSPの前身であるPSPでもプロストラップが頒布されたことがありました。これは645、67判用ですが、紐が少し細い35mm判用も存在したみたいです。

 革部分の「PRO」のエンボス加工が格好いいです。今年はPENTAX100周年(ユロロ)だしこのデザインで期間限定販売とかすれば売れそうだなと思うのです、是非企画の皆様はご検討いただければと思うのです。(数量限定は転売屋が飛び付くのでおススメしないw)

あわせて読みたい