掩体壕 大沢1号、大沢2号

 調布飛行場の東側には武蔵野の森公園の一部がありますが、その中に「掩体壕」と呼ばれる戦時中飛行機を空襲から守る施設が保存されています。今回は公園内に残る大沢1号、大沢2号の掩体壕を見てみたいと思います。

 こちらが掩体壕 大沢1号です。周辺は柵で覆われ柵の外からの見学になります。老朽化による崩落から守る為、現在掩体壕内部は充填され表面には格納されていた「戦闘機飛燕1型丁」が描かれています。

 崩落から守る為内部の充填は致し方ないことですが、壁面にリアルな飛行機が描かれているとこの施設の当時の様子がひと目で分かりなかなか良いアイデアではないかと思います。

 周辺には案内板も用意されています。

 そして脇には掩体壕のカットモデルの模型もあり、この施設がどの様に使われていたか視覚的に理解できます。

 模型全景。この施設は飛行機を爆撃から守るというよりは、この掩体壕上部に草や土でカモフラージュして飛行機の位置を秘匿するそんな役割だったようです。実際このコンクリートの厚さなら爆撃には耐えられません。

 ハイハイ、貴女の秘密基地ではありませんからw、案内の続きを真面目にやってください。

 横から見るとこんな雰囲気です。この上に土や枯れ草でカモフラージュすれば、上空からはかなり見つけにくくはなりそうです。

 それでは続いて同じ公園内にある掩体壕 大沢2号も併せて見てみたいと思います。

 大沢2号は1号の北側に現存します。こちらにも1号と同じ様な案内板があります。

 2号は内部が充填されていません。これが当時の姿です。この様なコンクリートのトンネルの中に戦闘機を隠していたわけです。また後ろ側に口があるのが見えますが、後ろ側は排気口です。

 大沢2号を道路を渡って反対側の展望の丘から見てみます。現在は歩道やガードレールがありますが、戦時中はこの周辺一帯が調布飛行場で滑走路までは平坦でした。

 現在は伊豆諸島方面への小型機が発着する地方空港ですが、戦時中は重要な軍事空港であったことからこの周辺にはこれら掩体壕の他多くの軍事遺構が存在します。また機会があれば追々紹介していきたいと思います。


さんけい 1/144 航空情景シリーズ 戦時航空基地掩体壕 MK08-10 ペーパークラフト

あわせて読みたい