秋の炭鉱クッキー缶2021ver.(赤平Café Luft)

 赤平にある「Café Luft」さんでは不定期ですが、炭鉱の町赤平を感じられる「炭鉱クッキー缶」を販売しています。本年夏は店頭のみの販売でしたが、秋からは通販も開始しました。ちなみに今回の秋版の予約受付は5日(金)までです。

 また今回から写真の様な赤平をイメージした紙袋に入れて貰えます。

 「炭鉱クッキー缶」ですから炭鉱をイメージしたデザインの缶です。食べ終わった後は小物入れなどに使用できます。個人的にはガチ炭鉱勢というよりはオシャレ路線に振っていますので炭鉱ファンの裾野が広がるアイテムではないかと思っています。

 紙袋はスタンプです。赤平やCafé Luftをイメージしたデザインになっています。左下の工作機械はロードヘッダーといいまして炭鉱で採炭する機械なのですが、これは多分デザイナーの趣味だと思います。

 缶はこの様なデザインになっています。赤平のシンボル立坑櫓、トロッコ、炭鉱マンなどが描かれています。夏缶、秋缶と来ましたので冬缶も出るのでしょうか。1個手にすると四季全て欲しくなります。

 缶の中には様々な種類のクッキーが入っています。しかしバターが焼けたいい匂いがします。普通は「缶を開けるといい匂い」なのですが、湿気防止のセロテープを剥がしただけでいい匂いが漂いはじめました。いい匂いに自家製、作りたての雰囲気を感じます。

 缶から出してお皿に並べてみました。カラフルなクッキーは見ているだけでも楽しいものです。写真にイチョウのクッキーがありますが、こちらはかつて赤平にあった山平菓子舗さんの型だそうです。写真に写っていなませんがカエデのクッキーもやはり山平菓子舗さんの型だそうです。こんなエピソードにも地元愛のあるお店という感じを受けます。

 そしてこの缶のメインのクッキーはやはりこのクッキーでしょうか。赤平のシンボル立坑櫓がデザインされたクッキーです。

 撮影途中我慢が出来ずに何個かつまみ食いしてしまいましたが、香りも味もCafé Luftさんのお店で食べた雰囲気です。そしてやはり自家製なので後を引く美味しさです。

 秋缶の予約受付は11月5日までです。「どっかの通販サイトなどで自動化されたものではなく、個別に地道にメールを返信するというやり方を取る事にしましたのでちょっと対応が遅くなるかもしれません」とのことですが、通販にも対応している様なので詳細はルフトさんのBlogをご覧になってみて下さい。

あわせて読みたい