三菱石炭鉱業大夕張鉄道線「南大夕張駅」跡(1)

 三菱石炭鉱業鉄道は私が初渡道時に訪れ、再び訪れた時には廃線になっていた鉄道です。昭和62年から30年以上の年月が経ちますが、奇跡的に当時の終点「南大夕張駅」跡地で雰囲気を残した車両が展示されています。

 廃線直前はここ南大夕張が終点でしたのでこの駅名標は全盛のころの駅名標ということになります。

 先頭のキ1は国鉄キ100型と同型のラッセル車です。冬の北海道には無くてはならない車両でした。また駅舎は取り壊されてしまいましたが、ホームと屋根は当時のものです。

 敬礼していますw

 現役時代に一度乗りたかった三軸ボギー車の「スハニ6」。昭和60年に初渡道、その時はあいにく運用に入っていなかったので、改めて昭和62年夏に行ってみると廃線になっていました。

 結局乗ることはできなかった事が心残りですが、こうして30年以上経っても現車の前で思い出話ができるは奇跡だと思います。保存会の方々に感謝しなければなりません。

 扉の中が気になるようですw。中は後半でその様子をお届けしたいと思います。

あわせて読みたい