PINARELLO RAZHAが納車されたので多摩湖へ行ってきました

 今日は「PINARELLO RAZHA」が納車されました。そこで慣らし運転ということで多摩湖に行ってきました。今回は慣らしがメインなのでドールやカメラネタは少なく、カメラも「RICOH GRⅢ」だけです。

 いつもの多摩湖です、今日はPちゃんが同伴者です。

 やっと納車されました「PINARELLO RAZHA」、神倉冬音ちゃんとと同じ自転車です(色は異なりますが)。しかし「貯金をはたいた」と冬音ちゃんが言っていたとはいえ、作中では高校生がバ~ン!と電動ギアも導入したのですよ。一方「社会人の私が本体購入してヘロヘロなのはどうよ?」という悶々はあるのですが、やはりカーボンフレームは滅茶苦茶軽くて良いです。

 アルミのコルナゴのクロスも初めて手にした時「軽いな~」と感動しましたが、それよりはるかに軽いです。しかしロード特有の前傾姿勢は滅茶苦茶疲れます、慣れていなければクロスの方が重くてもはるかに楽ですw。

 ハンドルの高さも丁度良いようです。

 今日は多摩湖を一周し、往復と併せて40km弱を走ります。普段と比べ距離は少ないですが、体を慣らすという感じです。

 何度も走りに来ている多摩湖サイクリングロードですが、レオライナーと遭遇するのは珍しいです。

 気分転換で途中サイクリングロードから外れて上貯水池の取水塔を見に来たのですが・・・

 近くで見ることは出来ませんでした。下貯水池の方が見栄えのするデザインですが、もう少し近くで見たかったところです。

 そして鹿島休憩場で一休みというかドール撮影。Pちゃんは「スペックに体力が追いついていませんねぇ~」とか言っているようです。

 再び下貯水池の取水塔の前に戻ってきました。まだ日は高いですが、今日は「慣らし」なのでそろそろ帰ります。

 ハンドルの高さ調整はバッチリです。

 結局GPSで計測したところ37km程度走ったのですが、クロスでは発生しなかった肩、首の痛みに今悩まされています。ショップの人曰く「慣れが必要」とのことですが、チンタラ走るなら絶対クロスの方が良いです。しかしちょっと人の居ないところで試してみましたが、ロードならではの戦闘力の高さは体感することが出来ました。

 こんな作品があるとは知らなかったよ。しかし希少なのか2巻以降が異様に高いので読むだけならKindleの方が良さそうです。

あわせて読みたい