PENTAX KPレビュー

 「何でPENTAX KP買ったの?」という理由ですが、私の場合答えはシンプルで「格好良かったから」です。

 しかし実際の小売価格はK-70と比較して1.5倍、スペックの違いはごく僅かです。やはり価格差分の満足感が無ければ買いませんので、今回はそこら辺を書いていきたいたいと思います。

■ まずはPENTAX KPの格好良さを見て欲しい

 まずこのカメラの良い点一番目は質感です。高強度、高耐久、耐電磁シールドなどの目的でボディにはマグネシウム合金が採用されています。更にマグネシウムボディへの結晶塗装はフラッグシップ機K-1と同等のクォリティなのでその感触は別格です。

 正直こういう仕上げではK-70と比較して格段に上です。実はこの塗装は自動塗装ではなく職人が手で1個1個吹いているそうです。そいう職人の手作業で作られるカメラに対する憧れもあります。

 PENTAXのフルサイズ機であるK-1を一回り小さくしたような雰囲気のデザインが個人的にはお気に入りです。

 お次はフィルム時代のPENTAX K2と並べてみましたが、防湿庫の同じ棚に入っていても違和感がありません。私にはKPが単なる撮影の道具、デジタル周辺機器ではなくカメラが高級品で憧れだったころの風格を兼ね備えているように感じます。まずは格好良さを存分に味わってもらう為に、カメラの写真を何枚が撮ってみます。

 カメラの上部を見てみましょう。最近主流の「液晶・ボタン」ではなく多くのダイヤルが並んでいます。一見古臭いと感じるかもしれませんが、「液晶・ボタン」と比較していちいちメニューを呼び出さなくても良いので慣れるととても便利です。ダイヤルはいちいち顔を外して液晶を覗き込まなくてもファインダーを覗きながら指先で操作できるメリットがあります。

 普段使うシャッター速度、絞りの他、この第三のダイヤルがISO感度、露出補正、カスタムイメージなどをダイヤルで変更できます。私の場合カスタムイメージをいじるのでこのダイヤルはメニュー画面を開く必要が無く重宝しています。

 今回はフィルム時代から販売されているLimitedレンズを装着してみました。この様にフィルムカメラ時代のレンズを装着すると最新のデジカメとは思えない風格がこのカメラの格好良さです。

 ダイヤル類で埋め尽くされた軍艦部、角ばったペンタ部を見ているとLimitedレンズのクラシカルなデザインも相まってフィルムカメラと言っても信じてしまう人が居そうです。カメラが高級品だったころの品格が高性能デジタルカメラに漂っているって格好良いと思いませんか?

 ペンタプリズム部は昔ながらの角張ったデザインです。私は使い勝手よりクラシカルさを優先してグリップは標準のSを使用していますが、好みでM、Lに交換(有料オプション)も可能です。(しかし最近Lタイプに変えました)

 今回はクラシカルなデザインに似合うLimitedレンズを装着してみましたが、中身は最新スペックですので最新のものを含め現行レンズは何でも装着できます。また伝統のKマウントですから、フィルム時代のKマウントAF、MFにも互換性があります。更に言ってしまえばマウントアダプターを利用すればKマウント時代より更に昔のM42時代のレンズを装着することも可能です。

 現行レンズはそれなりのお値段ですが、フィルム時代のレンズは1万円を切るものも多く流通しています。そんなレンズを装着して現行レンズとは異なる「味のある描写」を楽しめるのもマウントが過去から統一されているPENTAXユーザの特権です。

 背面のデザインも見て貰いましょう。この辺のデザインは他機種と似た感じですが、モニターはチルト式です。縦位置ローアングルの時は「バリアングル」の方が便利ですが、横位置なら直感的に見れるのでチルト式が良いという人も居ます。この辺は好みもありますので意見が分かれるところです。しかしこのチルト機能も横位置ではローアングルもしくはハイアングルでの撮影に威力を発揮します。

 と持っていているだけで「俺のカメラ格好いい!!」と幸せな気分になるカメラですが、一方冷静に考えるとやはりカメラは写ってナンボです。しかし有効画素数約2432万画素、連写秒7コマ、AF測距点27点などは普通に使うには十分すぎるスペックですし、最高ISO感度819200は現在最高水準です。数枚ですが、実際にKPで撮影した写真をご紹介します。

■ PENTAX KPで撮ってみた作例色々

 現在どこのメーカーでもA4~A3サイズでプリントするには十二分な画質で、このカメラも例外ではありません。美しい記憶がそのまま発色したような鮮やかな絵はPENTAXならではです。勿論淡いモードや逆にもっと派手な絵を作ることが出来ますが、私がPENTAXに変えた一番の理由が「色」なのでこの辺は一番満足しているところです。

 最新のHDコートのレンズを使用するとこの様にピントの合った部分は細かく、ピントの合っていない部分も上品に描写してくれます。

 次は夜景の写真です。ISO800でシャッター速度は1秒で撮影しています。今回は三脚を使用して撮影していますが、PENTAXは高感度に強いのでこれ位の写真なら実は手持ちでも撮れます。ISO6400なら1/8でシャッターを切れますし、手ブレ補正も強力なので息を止めて慎重にシャッターを切れば多分大丈夫です、凄い!

 こちらはTakumarと呼ばれていた頃の50年位前のレンズを使用して撮影してみました。マウントアダプターを利用すれば50年以上前のM42レンズでも使用出来る互換性がPENTAXの凄いところです。最新のデジタル専用レンズには無い緩い表現に「レンズの味」を感じます。

 そしてこちらが日が暮れてきてISO6400で撮影した写真です。一般的なカメラでは超高感度の部類に入り画質の面から敬遠されがちな3200、6400が常用感度として使用出来るというのも重宝しています。拡大してISO400位と比較すると粗は出ますが、十分作品として耐えうる表現ではないかと思います。

 PENTAXは高感度に強いカメラですが、私的には更に条件が悪ければISO12800位は使ってしまいます。この感度ならフィルム時代なら三脚を立ててISO400、1秒のシャッタースピードで撮影していた同じ条件で1/60のシャッターを切ることが可能になります。手振れ補正を活用すればマージンを取っても400mm位の望遠なら手ブレ無しで撮影出来ます。これってとても凄いことだと思います。

 夕日が格好いい夕暮れ時、街灯の下での夜景など普通なら三脚を使用しなければならないシーンでも機動力を発揮できる手持ち撮影が可能です。特にドール撮影の時はこの高感度が撮影の手間を大幅に低減してくれるのでこちらも重宝しています。

■ 他のカメラはどうなの?

 とこのカメラについて色々書いてきましたが、「スペックを比較して~」とか「コストパフォーマンスを考えると~」という視点なら正直PENTAX K-70の方が満足度が高いかもしれません。PENTAX KPはそのクラシカルなデザイン、質感の高さなどに惚れこんで買うカメラですし、惚れて買ったら私の様に可愛くて仕方ない個体になると思いますが、道具ならPENTAX K-70でも十分いい仕事をすると思うのです。

【参考】K-70とKPのカタログスペックの比較

PENTAX KP PENTAX K-70
画素数 約2432万画素 約2424万画素
ISO 819200 102400
連写 7コマ/秒 6コマ/秒
AF 27(SAFOX 11) 11(SAFOX 10)

 そして更に言うと今まで「私の格好いい」を押し付けてきましたが、格好いいにも色々ありクラシカルな格好良さならPENTAX KPがイチオシですが、逆に未来的な格好良さならS●NYのαシリーズやCan●nのRシリーズといったミラーレスという選択もあると思います。残念ながら「格好良さの基準」は人の数だけありますので、人によってはPENTAX KPが一番格好良い選択ではないかもしれません。

■ やはり格好いいと思ったら止められない!

 しかし「このモデル格好良くない?」「何か気になる」「可愛い」そう思う方にはこの他社が作れないようなクラシカルなデザインだけでなく、有効画素数約2432万画素、連写秒7コマ、AF測距点27点、最高ISO感度819200など普通に使うには十分すぎる高スペックも持ち合わせていますから、「触れて眺めて満足、さらに撮影して出来上がった写真を見て満足」と満足度の高い1台になると思います。

icon icon
PENTAX KPicon(ビックカメラ)
他の取扱店:Yahoo!ショッピングAmazon楽天市場など

 更にKPは格好いいけど、通り越してもっと個性的なカメラが欲しいならJ-Limitedなんていうカスタム機種もあります。車内カスタムチームが手掛けたカスタムモデルで日産自動車のニスモバージョンみたいなものだと思っておらえればよいかと思います。グリップやレンズマウントが改良されていたり、塗装が特別塗装だったり、より格好良く見せるデコレーションパーツなども付いてきます。

icon icon
PENTAX KP J limited Dark Night Navyicon(ビックカメラ)
他の取扱店:Yahoo!ショッピングAmazon楽天市場など

icon icon
PENTAX KP J limited Black & Goldicon(ビックカメラ)
他の取扱店:Yahoo!ショッピングAmazon楽天市場など

あわせて読みたい