PENTAX K-1 特製ストラップ レビュー

 PENTAXには直販限定のK-1用ストラップがあります。この感触が某社のプロストラップに似ていて使いやすいので今日はご紹介したいと思います。ちなみにPRSPはストラップを配っていないので、自分で好きなストラップを装着するスタイルです。

 今回は「PENTAX K-1 特製ストラップ」のレビューですが、「PENTAX ストラップ O-ST1401 ブラック」「PENTAX ストラップ O-ST1401 レッド」も長さ、厚み、使用感は全く同じです、K-1以外を使用の方やこのストラップのデザインが気に入った方はこちらをオススメです。

 付属品と比較すると幅はほぼ同じですが、長さが短いのが分かると思います。後ほど比較しますが、某社のプロストもこんな感じで「短さ」が特徴でした。僅かに短い分こちらの方が使いやすいのです。

 しかし質感は付属品の方が上です。付属品は厚手の生地に刺繍と高級感のあるスタイルですが、プロストはペラペラですw。しかしこのペラペラ感や先程書いた絶妙な長さが慣れてくると大変使いやすいのです。プロストラップはデザインや高級感よりも使いやすさを優先したものと考えて貰えば分かりやすいと思います。

 先代を含めると15年以上使っていた某社のプロストと比べてみます。感触が似ているので違和感なく使えそうで安心しました。PRSPではプロストを配っていませんのでどんなストラップを使おうかと思っていましたが、こうやって販売してれば欲しい人は誰でも買えるので良いと思います。

 ただ先程も書きましたが、質感では付属品の方が断然上ですので、一概に「プロスト>ノーマルストラップ」とも言えません。なので実用重視、この記事読んで欲しいと思った人のみ推奨という感じです。高級感なら付属品の方が断然高いので・・・。

 ペラペラなのでこの様に手首に巻き付けるのも容易です。またバッグへの収納時も折り畳みやすいのでコンパクトになります。そして私的には何より使い慣れた感触だけに非常に使いやすいのです。


PENTAX K-1 特製ストラップ

 こちらの「PENTAX ストラップ O-ST1401 ブラック」「PENTAX ストラップ O-ST1401 レッド」も長さ、厚み、使用感は全く同じです。

あわせて読みたい