GRⅢのイメージコントロール、気になったものを幾つか使ってみた

 GRⅢはPENTAX付属のDCU5が使用できません、また「カスタムイメージ」も無く同様の仕上がり設定機能として「イメージコントロール」が搭載されています。専用ソフトが無い為「イメージコントロール」を楽しもうとすると撮影前に設定しておくか、撮影後にカメラ内現像をするしかありません。

 しかし「カメラの背面モニターで細かい色を扱うRAW現像を行うのもなんだかな~」と思っていましたので、現像は市販ソフトを利用して「イメージコントロール」はスルーしていたのですが、色々面白い設定があると知ったので購入から1年以上経過して購入直後にセットした「ビビット」から色々動かしてみました。

 しかし私の場合撮影した画像は早めにHDDに保存してしまいますので、一つ「カメラ内現像専用のSDカード」を用意することにしました。通常使うのと同じ様にカメラでフォーマットした後、適当に一枚シャッターを切るとフォルダーが生成されて、先程撮った写真がそのフォルダーに収まっているはずです。

 そこに「現像したいRAWファイルだけ」をパソコンからコピーして再びカメラにそのSDカードを入れるとRAWファイルが読み込め現像が出来る筈です。で一枚の画像を興味あるイメージコントロールを利用して現像してみました。

【ビビット】普段多用しているビビットです。シャッターチャンス優先でホワイトバランスや露出はオートですが、撮って出しでこんな感じです。

【スタンダード】ホワイトバランスを好みに調整して、コントラストの弱い「スタンダード」にしてみました。工場出荷時はこのモードが標準になっています。

【ブリーチバイパス】PENTAX機のカスタムイメージでは「銀残し」という名称になっているフィルムの特殊現像をイメージしたモードです。

 「銀残し」も「ブリーチバイパス」も同じ意味ですが、同じ会社に於いて名称が異なったり、仕上がりの雰囲気も少し異なりますので、それぞれの開発チームが認識する「銀残し」「ブリーチバイパス」に対する感じ方が少し異なるのかもしれません。

 私的に言うとPENTAXぼ「銀残し」はそのままだとややカスタムイメージに使われている感じで、自分の作品として使いこなすには詳細設定をいじり倒す必要があるやや上級モードの様な気がします。その分設定項目も多彩で自分の好みに仕上げられます。

 一方RICOHの「ブリーチバイパス」はとりあえずこのモードを選ぶだけで写真が格好良くなります。ブリーチバイパスらしい彩度を落として高コントラストにした写真が手軽に楽しめる感じです。今回は少し顔が飛び気味になったので少し露出をアンダーにしてドールの顔を鮮明にしました。

【ソフトモノトーン】個人的にはこのモードが結構気に入りました。モノクロ版ほのかという感じです。またモノクロ定番のカラーフィルターは色を選択できませんが、フィルター効果の強弱を設定すると自動でメリハリを調整してくれます。今回はセピア調に色を付けましたが、完全な白黒も柔らかくていい雰囲気です。

 「ほのか」が似合いそうなシチュエーションではデジタルらしさの抜けた柔らかい表現で威力を発揮しそうです。

【レトロ】これも私が好きなモードです。色合いに若干偏りがあり、周辺光量不足が表現されていますのでフィルム機の様な風合いになります。このモードが似合いそうな場所が好きなので、このモードの発見は大変良い発見です。

 またこれらの写真をどのモードで現像したかが分からなくなったら同じくカメラでこの様な表示にしてあげるとどのモードで現像したか確認できます。

 冒頭の通りパソコンで「イメージコントロール」を再現する術がなかったので購入してから1年間イメージコントロールはスルーでしたが、いざ使ってみるとカスタムイメージを弄るのが大好きな私的にはやはり色々いじりたいのでこだわりの一枚はパソコン現像ではなく、カメラ内現像でやるしかないかなと思っています。

 しかし背面モニターは小さく、キャリブレーションしたモニターと比較すると少し明るいのでそこら辺を計算に入れて現像し、最終的にはパソコンで少しいじる必要があるかもしれません。

 しかしPENTAX、RICOHとブランドを変えているだけあって、仕上がりにも違いや個性があって面白いですね。

icon icon
RICOH GRⅢ icon(ビックカメラ)
他の取扱店:Amazon楽天市場など

あわせて読みたい