本当に欲しいカメラを買おう

 ボーナス時期も近づいてきましたので、今日はカメラを買う時に忘れては欲しくないことを書きたいと思います。既にドール撮影をする時に便利な機能というのはこちらの記事が参考になるのではないかと思っていますが、今日書くことはスペックや価格以上に大切なことだと思います。

 カメラを買う時に一番忘れては欲しくないことそれは「本当に欲しいカメラ」を買うということです。ドール撮影に便利な機能は挙げましたが、一方で最近の高性能なカメラを見渡すともうスペック的には十二分のカメラばかりです。

 現行モデルならどのメーカーのどの機種を購入しても「高い金を払ったのに全く使えなくて手放した」という後悔はまず発生しないと思います。

 しかし「このカメラが好きだ」という気持ちはカメラが長続きするか、理由を付けては持ち歩くか、色々と勉強するかといったところで大きく変わってくると思います。つまりカメラ趣味に対する気持ちを大きく左右する重要な要素だと思います。

 それでは初めてのカメラの時はどの様にしてその様な感情を生ませればよいのでしょうか?初めての方なら多くの知識も無いと思いますので迷うと思います。

 この辺は見た目が格好いい、凄い綺麗な写真を見て使っているカメラを調べた、友人が使っていて馴染みがある、好きな著名人が使っている、カタログが格好いい、伝統があるから・・・何でも良いです。本当に好きになったカメラを買いましょう。

 カメラはというものは一長一短だと思います。画質が良ければ重い、逆もまた然りです。またA社は色が綺麗だけど、ストロボのTTL精度はB社の方が高いといったようなこともあるかもしれません、とにかく使ってみると色々長短があると思います。

 しかし好きなカメラなら弱点は自分の技術でカバーしようと思いますし、できると思います。そして好きなカメラならいつも持って歩きたくなり、結果沢山写真を撮って技術も上達します。

 また一眼レフを買ったからすぐに写真が綺麗に撮れるわけではなく、綺麗に撮る為には勉強も必要です。しかし面倒である勉強も好きなカメラならあまり苦にならないと思います。とにかく今後の写真生活の中で「使っているカメラが好き」という気持ちはとても大事だと思います。

 こう偉そうに書いている私自身も「好き」を無視して失敗したことがありました。私は昔生産されたオールドレンズも好きなので持っているレンズを使うべく、欲しかったそのメーカーのオールドレンズが使えるカメラを買おうと思いました。

 しかし他社のミラーレスにマウントアダプターを装着すれば2/3位の価格で購入できることが分かりました。更にミラーレスはファインダーで像を拡大できるのでピント合わせも便利です。またマウントアダプターを交換すれば他社のオールドレンズも楽しめます。ちなみに画素数でも連写性能でもミラーレスの方が上回っています。

 安いし性能も圧倒的に上ということでミラーレスの方を購入したのですが、いざ使ってみると撮っていてあまり面白くありません。暫くしたら売ってしまい、結局当初買いたかったカメラを買い直しました。

 勿論そのミラーレスカメラ自体はとても優秀で別の切り口からそのカメラを欲しくなって購入すれば満足度も高かったと思いますが、金額や性能だけを見て「好き」という気持ちを無視した失敗例ではないかと思っています。

 「似た様なスペックだけどこちらの方が好きな機種より1万円安かった」こういう購入動機は後々欲しい機種に心が傾くことがあると思います。

 やはりカメラは安い買い物ではありませんので「気に入らなければ売って次を買う」というのは賢い買い方とは思いません。ですので後悔しない為にも店頭で買う時、ネットでクリックする時は今一度「私はこのカメラが好きか?」を確認してみてください。

ビックカメラ.com

 あと初めてカメラを買う時は専門店をおすすめします。初期不良、保証などの扱いに慣れていますので変に渋ったりせず淡々と手続きをしてくれるので安心です。

あわせて読みたい