中古カメラの魔力

 やはりカメラは精密機械ですので予算が許すなら新品をおすすめします。しかし中古ですと1ランク上のカメラが買えたりしますし、フラッグシップ機も1世代前のモデルなら現実的な金額になる魅力があります。そこで今回は中古機のメリット、デメリットについてお話していきたいと思います。

 しかしここで話す中古機というのはあくまでも、信頼できるお店で購入したものが対象です。顔見知りの知人なら話は別ですが(それは一番安心です)、オークションやフリーマーケットでの個人売買は避けた方が良いと思います。(3日間、1週間の補償など無いよりマシかもしれませんが、やはりカメラは色々な条件で撮影してみないと分からないこともありますから無いのと同じだと思います。)

■ まずはメリットを語ろう

 まず中古機のメリットは新品で売っていない旧モデルが手に入るという希少性もありますが、一番のメリットはやはり価格だと思います。

 一つ例え話として先日Nikonのフラッグシップ機がモデルチェンジしてD6が発売されましたのでその周辺の話をしていきたいと思います。例えば執筆日現在Nikonのフラッグシップ機「Nikon D6 icon」はビックカメラで798,600円と趣味で気軽に買える金額ではありません

icon icon
Nikon D6 icon

 しかしマップカメラYahoo!店で「Nikon D5」の価格を調べると程度の良いものでも388,000円位で購入できるので、これなら現実的な価格になってきます。勿論D5はつい先日までNikon最新のフラッグシップ機ですから、性能も上々ですし、フラッグシップ機ですから所有欲も満たされると思います。

 勿論D5→D6になって性能アップも図られていますし、そもそも新品というのは別格ですから同列に比較するのもナンセンスですが、目線を変えれば憧れのフラッグシップ機が約半額で購入できる訳です。

・ マップカメラYahoo!店で「Nikon D5」を検索する

・ マップカメラ楽天市場店で「Nikon D5」を検索する

 次に私はK-1MarkⅡを使っており、現在の市場価格は23万円台位ですが、これもマップカメラで無印K-1のアップグレード機なら15万円でお釣りが来ます。やはり予算的に8万円位負担が少なくなります。

icon icon
PENTAX K-1 Mark II icon(ビックカメラ)
他の取扱店:Yahoo!ショッピングAmazon楽天市場など

・ マップカメラYahoo!店で「PENTAX K-1」を検索する

・ マップカメラで「PENTAX K-1」を検索する

 また先日645Zのレビューの場所でも書きましたが、645Z本体の金額はなかなかですのでそこで予算的に力尽きてしまうケースもあるかと思います。しかしフィルム時代から生産されているFA645レンズは現行レンズでもあるにもかかわらず、新品の1/10に近い価格だったりします。

 折角最高画質のボディを買ってレンズは全部中古というの少し勿体ない気がしますが、とりあえず当面645画質を楽しめる45-85mmなどを購入して次を目指すというのはアリなのではないかなと思います。

・ マップカメラYahoo!店で「PENTAX FA645」を検索する

・ マップカメラで「PENTAX FA645」を検索する

 実際に自分に近い機種の所で実例を挙げながら金銭的メリットを挙げてみましたが、新品中古の価格差によってもう1ランク上の機種に手が届きますのでここは魅力的だと思います。

■ 知っておきたいデメリット

 しかし一方で中古の場合のデメリットは何でしょうか。私は冒頭に書いた通り専門店しか購入しませんのでだいたい想像以上の品質のものしか手にしたことがありませんので嫌な思いをしたことがありません。もうデジカメでも20~30台位中古カメラを購入していますが、不具合は2度だけです。

 1回は直ぐに提携工場できちんと直してくれました。もう1回は古い機種で修理できなかったのでその場でレジから全額返金対応となりました。専門店は保証を謳っていますので損得抜きに淡々と処理をしてくれる印象です。

 個人売買の様に送料は購入者持ちとか、システム利用だけ負担してくれ等ケチ臭いことは言いませんのでこちらも「中古だし、たまには仕方ないよね~」と気分よく気持ちが切り替えられます。ちゃんとした専門店で購入すれば品質のデメリットは少ないように感じます。

 もう一点はやはり中古につきものの「使用感」でしょうか。これは全くこちらサイドの気持ちの問題(店舗に責任は全くありません)ですが、以前「並品」のNikon Dfを買いました。傷が多い個体だったので市場中古価格より3万ほど安く10万円(もっと言うとポイント使って9万円台)で購入しました。

 新品は約25万円ですから随分お買い得です。更に家に到着してシャッター回数を見ると3万ショット台!公称耐久が15万ショットですからシャッターの耐久性だけで話をすると寿命の2割(逆に言うと8割残っている)しか使っていなくて価格は4割以下ですから滅茶苦茶の掘り出し物です。

 中古機には大なり小なり使用感はつきものです。

 しかし納得して買ったとはいえやはりボディの傷はマニア的には気になるものです。勿論9万円台で買えたので今Dfを所有出来ていることの方が嬉しいのですが、湯水のごとく金を使えて新品が購入出来ればこうした心の引っ掛かりは無いでしょう。

 また個体によってはストラップ、説明書、元箱が欠品している場合もありますので中古とはそういうものだということを理解して購入する必要はあると思います。あくまでも新品が安く買えるわけではありません。

■ 一番は新品中古の上手な使い分け?

 と金額的なメリットや中古ならではのデメリットを書いてきましたが、新品、中古をうまく使い分けることにより限られた予算で写真ライフが充実するのも事実です。

 またメーカー的には中古と言わず新品を買って欲しいところだと思いますが、中古市場があるからユーザーは買取で原資の一部を調達して新品が買えるという新品市場を陰で底上げしている側面もあると思います。

 私自身はこれからも上手に新品、中古を使い分け充実したカメラライフを送っていきたいなと思っています。

 私が一番中古機を購入しているお店。安さをウリにしていませんが、品質で不満に感じたことはありません。買い物で失敗したくなければおすすめのショップです。またYahoo!ショッピング内に「マップカメラYahoo!店」もあります

リコレ!ソフマップの中古通販サイト

 ソフマップも中古専門店を展開中です。当初は通常の保証が1月なのでもう少し欲しいかなと思っていましたが、長期保証が大変充実 iconしているので上手に組み合わせれば安心の買い物が出来ます。このショップもデジタルカメラを含めデジタル製品の取扱件数は半端なく多いですから安心できるお店です。

 ちなみに余談ですが「マップカメラ」「ソフマップ」とどちらも「マップ」が付いていますが、実は昔は関係があってどちらも鈴木慶酸さんという経営者が創立した会社です。現在はソフマップはビックカメラグループになり関係なくなりましたが、マップカメラの運営母体「シュッピン」の会長には鈴木慶酸さんが就いていらっしゃいます。

あわせて読みたい