TKOデザイン フォトグラファーグローブ レビュー

 TKOさんがデザインしたフォトグラファーグローブ、昨年のCP+でその構想が明らかになり、発売を待っていましたが、先日発売開始の案内がありましたので、お一つスクエア東京で購入してきました。通販でも販売していますが、スクエアが遠く現物を見れない方へのご参考になれば幸いです。

 商品はこの様な状態で袋に入っています。ところでサイズの話ですが、一般的にはMサイズだそうです。私が今日スクエアで聞いたスタッフお二方もMサイズとのことでした。しかし私はパッと見ですぐ分かる位手が大きいのでLサイズです。

 現物確認できない方はこの辺のニュアンス参考になればという感じです。ちなみにLサイズを買った私ですが、「Mサイズが入らないか?」というと特に問題なく装着出来ました。しかし脱ぐ時に少し手間取ったのと甲のポケットにキャップを入れることを考慮してLサイズにした感じです。

 掌側はこの様に滑り止めの革が貼ってありますので、カメラを握った時のホールド感が向上します。この黒地に赤い糸というデザインはいかにもTKOさんという感じです。

 そして手の甲側はこの様なデザインになっています。右手側のPENTAXの文字はメタリック調のプリント、左手側は立体造形で645Dのペンタブのエンブレムの様な雰囲気もあります。

 そして手首側にコネクターがありますが、左右を繋げて収納すれば次に使う時にバラバラになったりしません。トークショーなどでも感じるのですが、TKOさんのデザインは本当に細かい所まで考えて作っているのが凄いなと思います。

 そしてこの左手の甲に付いたポケットはレンズキャップを収納できると発売前から評判になっていたところですが、62mmのキャップでこんな感じです。

 ちなみに手に装着した状態で試してみましたが、Limited用の厚みのあるキャップもOK、82mmのキャップも手袋自体が伸びますので収納可能でした。しかし手の甲に当たる違和感は62mm位だと殆どありませんが、82mmになるとギリギリです。

 82mmも一応入るけど実際どの辺までが実用範囲かは各自試してみてという感じかと思います。

 早速カメラを握ってみましたが、掌の革がいい感じにグリップをアシストしてくれていい感じです。あとは実践投入してどの程度効果を発揮するか?というところだと思います。

 ということで購入してきて早速駆け足レビューというところですが、実用性もさることながらやはりTKOデザイン、PENTAXのロゴが入っていて格好いいです!!しかしここが重要だと思います。やはりちょっとした撮影にも装着していきたくなる雰囲気、格好良さ、とても大事だと思います。

 正式販売かと思ったら「数量限定のテスト販売」だそうです。もし興味のある方は↓の通販か、東京、大阪のスクエアで販売しています。

あわせて読みたい