RICOH GRⅢと出かける富山1泊2日(1日目)

 RICOHのGRⅢならこれ一つでAPS-Cサイズセンサーの画質の写真が撮れます。高感度も使えますから街中の夜景なら三脚フリー、あと旅行に必要なのは着替えなどの身の回り品だけ。今回は「RICOH GRⅢicon」1個で富山行きのレポートです。

 交換レンズに三脚、そしてレフ板等々・・・機材は増やそうと思えば幾らでも増やせますが、今回はこのGRⅢのみ。あとは身の回り品のみというお手軽撮影の旅です。勿論このカメラでは撮れない写真もありますが、そんな時は「諦める」です、しかし実際2日で色々な写真を撮影出来ましたのでGRⅢはかなり働いてくれました。

 13時9分小淵沢駅着、ここで更に普通列車で先を目指すには1時間ほど待たなければなりませんが、松本まで特急を利用すれば1本早い大糸線に乗れ富山駅着が2時間半ほど早くなります。また小淵沢駅といえば駅弁「元気甲斐」が有名ですが、特急を利用すればロングシートの普通列車では少し気が引ける駅弁タイムも楽しめそうです。

 2000円少々で約45分の駅弁タイムと富山での2時間半を買うという考えで「18きっぷのお得感」はかなり減少しますが、後ほど紹介するお寿司の営業時間内に着けるか否かという問題もありますのでこれは早々に特急券と松本までの乗車券を購入、売店で「元気甲斐」を購入して特急の到着を待ちます。

 特急の中ではテーブルを出し駅弁を楽しみます。

 テーブルが無いロングシートの普通列車ではこの二段重を食べるのは少々気が引けますが、2000円少々払ったのですから優雅に約45分の駅弁タイムを味覚的にも、そして撮影でも楽しみます。今回紹介した駅弁「元気甲斐」については下の記事で詳しく紹介しています。

 松本から大糸線に乗り、南小谷へ到着。ここからいよいよJR西日本管轄に入ります。大糸線もここからは非電化の為、気動車列車の旅となります。

 大糸線の車内にて。南小谷から北の大糸線は糸魚川に向け山を駆け下りていくようなイメージです。カーブはきつく、トンネル、スノーシェッドの連続で冬季は難所になるであろうことが容易に想像できます。

 ところでこの写真はトンネル内にてISO6400で撮影しました。窓に映った暗い画像側にはノイズが載っていますが、室内側は肌も美しく表現されています。暗所に強いGRⅢなら蛍光灯の光だけでも十分に撮影が可能ですので車内スナップも容易です。

 今回乗車した大糸線については下の記事でも紹介していますので、興味のある方は是非ご覧ください。車窓の風景なども数多く掲載しています。

 約1時間で糸魚川に到着。駅前にある煉瓦のモニュメントは旧糸魚川機関区の機関庫で北陸新幹線の工事が始まる約10年位迄現役だった機関庫の一部です。

 JR西日本管内の入換信号機、標識(写真は信号機)は停止表示の場合右の灯が赤色になっています。白色のみで灯列式の東日本と違い面白いのと、少し遠くに来たなという気分になったのでこんな写真を1枚記念に撮影してみました。

 ここからえちごトキめき鉄道に乗り換えますので富山までは別料金となります。越中宮崎からは更にあいの風とやま鉄道となりますが、一旦改札を出て自動販売機で切符を購入すれば富山まで通しで切符が購入できますのでスマートに乗車できるかと思います。

 しかし一方早くから交流電化が始まった元北陸本線が単行のディーゼルで運用されていることに驚きを感じます。電化設備の維持管理費用を考えるとこの方式の方が良いというところに三セクの経営の厳しさを感じます。

 泊であいの風とやま鉄道に乗り換え富山駅に到着。北陸新幹線開通前にはよく来ていましたが、全く別世界に変わっていました。

 改札を出てお目当ての回転寿司店にGO!です。

 飲食店特有の薄暗い店内でもこの様にフラッシュ無しで撮影することが可能です。折角来たのですから色々と記録しておきましょう。なお今回訪れた「氷見きときと寿し」については下の記事でも紹介しています。

 あいの風とやま鉄道富山駅のリニューアルっぷりにも驚きましたが、高架下を突き抜けるような形で造られた近代的な路面電車乗り場にはもっと驚きました。富山ライトレールも解散して地鉄の富山港線になっているとのこと、6年来ていないと本当に色々と変わっています。

 駅南側で富山駅に進入しようとする路面電車を流し撮りしてみました。データは1/13、f8.0、ISO5000です。街灯だけでも停まっていれば十分手持ちで対応可能ですし、動いていればこのように流し撮りでキメます。

 朝9時くらいから殆ど列車に乗りっぱなしの1日でしたが、無事富山駅前の宿に到着することが出来ました。

 気付いたら写真の枚数も400枚近くになっていましたが、たくさんの写真を撮ることが出来ました。明日は近くの富山城を見に行こうかと思います。

icon icon
RICOH GRⅢicon(ビックカメラ)
他の取扱店:Yahoo!ショッピングAmazon楽天市場など

icon icon
GR III Street Edition Special Limited Kiticon(ビックカメラ)
他の取扱店:Yahoo!ショッピングAmazon楽天市場など

【今回使用した現像ソフトSILKYPIXの最新版はこちらです】(ボディ内現像したものを除く)

icon icon
SILKYPIX Developer Studio Pro10 パッケージ版icon(ビックカメラ)
他の取扱店:Amazon楽天市場Yahoo!ショッピングなど

 GRⅢの場合現像ソフトが付属していませんので、別途用意する必要があります。人それぞれ好きなものを使用すれば良い訳ですが、DCU5を使っている人なら、DCU5の中は実質SILKYPIXなのでSILKYPIXの方が使いやすいと思います。私もAdobeと悩みましたが、そういう理由でSILKYPIXを使用しています。

あわせて読みたい