150-450mmで調布飛行場撮り

 木曜日はドール無しで調布飛行場に行ってきました。午前中は南風が吹いてランウェイ17を使用、「暖かいな~」と思っていましたが、空港に到着したころから北風に変わりランウェイ35にランウェイチェンジしてしまいました。今回は150-450mmを中心に写真によっては更に×1.4テレコンを使用しました。カメラはKPを使用しています。

 x1.4テレコンを装着して450mmで撮った新中央航空407便のテイクオフです。フルサイズ換算で930mmの焦点距離になりますので約800mある滑走路もこの様な表現になってしまいます。.既に離陸を開始していますので100km/hでこちらに向かって来ていますが、AF-C任せでバリピンです!テレコン噛ましてしっかり追従しているのですからPENTAXのAFもなかなかです。

 上空で1枚

 更にギアアップ(車輪格納)後を背後から一枚。全てAF-C任せですが、全く問題ありません。真っ青なバックの青空が冬の空という感じです。

 続いて大島からの106便のランディングを狙います。プロペラ機はプロペラのピッチをリバースピッチにして逆噴射しますので独特の音を発します。

 滑走路から誘導路へ。ドルニエ 228は正面よりこの横からの姿の方が美しいかなと思います。前方がカモノハシの様でどことなく新幹線と似ていますが、空力を追求していくと同じ様なデザインになるのかもしれません。

 ターミナルのデッキに行き駐機中のドルニエ 228のプロペラを撮影してみました。この写真も×1.4のテレコンを装着してフルサイズ換算930mで撮影しています。930mmあればターミナルからでもパーツにここまで寄れます。

 空港の南側に場所を移し、新島からの208便を狙います。この写真はテレコンを外して230mm位の焦点距離で撮影しています。この後連写で着陸迄撮影しましたが、地上の写真はごちゃごちゃしてこの空の写真が一番良かったと思います。


HD PENTAX-DA AF REAR CONVERTER 1.4X AW


HD PENTAX-D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW

icon icon
PENTAX KP J limited Black & Goldicon(ビックカメラ)
他の取扱店:Yahoo!ショッピングAmazon楽天市場など

あわせて読みたい