スクエア東京でJ-Limited 01見てきました

 今日はTwitterでスクエア東京にTKOさんが来ているのを知ったので、K-1ⅡベースのJ-Limited01を見てきました。

 まずは「J limited 01 ボディキット ブラック&ゴールド icon」から見ていきましょう。ノーマルのK-1Ⅱに一番近い雰囲気ですが、ダイヤルやボタン等の文字がゴールドになり、ウッドブラウンの木製グリップが付きます。KPのJ-Limitedと似た様なイメージです。

 他の色のグリップは黒色ですが、このブラック&ゴールドのみこの茶色で美しい木目が透けて見えます。茶色も下側が暗く、上側が明るくなっていますが光の加減ではなくこの様なグラデーション塗装になっています。カタログの写真を見ていただけでは気付かない様なこだわりが随所に散りばめられているのもJ-Limitedの魅力です。

 またペンタ上部のカバーは真鍮製で出来ておりこれがずっしり重くて驚きなのですが、年季が入って角の塗装が剥げてくるとこんな感じになってきます。マニュアル時代の金属製フィルムカメラではよく見かける現象ですが、こんな雰囲気が一番似合うのもこのブラック&ゴールドではないかと思います。

icon icon
J limited 01 ボディキット ブラック&ゴールド icon(ビックカメラ)
他の取扱店:楽天市場Amazonなど

 続いて「J limited 01 ボディキット LX75 メタリック icon」です。LX75のネーミング通りPENTAX LX チタン 75周年記念モデルのシルバーを使用して仕上げています。ダイヤルが黒いダイヤル、シルバーのダイヤルと入り乱れていますが、PENTAX LX チタン 75周年記念モデルと同じ配列になっているというこだわりっぷりです。

 逆サイドから撮影します。上の写真と色味が少し異なりますが、下の写真の方が製品の色に近い雰囲気です。

icon icon
J limited 01 ボディキット LX75 メタリック icon(ビックカメラ)
他の取扱店:楽天市場Amazonなど

 そして「J limited 01 ボディキット ヴィリジアン icon」。今回のJ-Limitedはマウントがゴールドに仕上げられていますが、個人的にはこのグリーンが一番似合うような気がします。

 ローアングルから撮るとペンタ部の出っ張りが際立ちます。KPではAOCOマークはこっそり取り付けられていましたが、今回はこの様にK-1Ⅱの下に堂々と付けられています。市民権を得たのか?と思って聞いてみたのですが、やはり社内では反対意見が多かったとのこと。しかしJ-Limitedスピリッツは確実に一歩前進したのではないでしょうか。

icon icon
J limited 01 ボディキット ヴィリジアン icon(ビックカメラ)
他の取扱店:楽天市場Amazonなど

 最後に「J limited 01 ボディキット スカーレットルージュ icon」です。K-3Ⅲのこともあり、現状すぐは購入できないJ-Limitedですが、もし一台買うとなったら一番欲しいカラーです。メタリックレッドのその姿はスポーツカーの様でもありますが、目立つのが大好きな私的にはもうこれ一択です。

 赤+黒というカラーリングが戦闘的で引き締まった印象です。持っているレンズも黒が基本なので持ち歩くならやはりこの赤です。

 ペンタ部のカバーは2段階になっているのですが、外側を外すとこんな感じになります。個人的にはノーマルより個性を主張していますし、AOCOマークも見られますしこの状態が結構お気に入りです。なお外側のカバーを被せると70-200や150-450が装着出来なくなるようですが、この状態なら純正レンズ全てが装着出来るようです。

 外側のカバーも付いたグリーンと比べてみます。ペンタ部の形状でだいぶ印象が変わるのが理解できます。

 ところで赤いボディはグリップの後ろ側が赤く塗られ、そしてその後ろ側が再び黒くなっています。しかしグリーンのボディは後ろ側もボディ同色で塗られています。一方先程紹介したLX75シルバーはグリップから後方にかけ黒一色になっていて途中ボディ色の部分はありません。

 ただ色違い四色ということではなく塗分け部分も色によって変わっていたりします。こん辺もJ-Limitedらしいこだわりだと思います。

icon icon
J limited 01 ボディキット スカーレットルージュ icon(ビックカメラ)
他の取扱店:楽天市場Amazonなど

 会場に飾ってあったボディキャップ、「売っているの?」と聞いたら非売品とのこと。権利やブランドイメージとか色々あるのだとは思うのですが、「売れるものは何でも売る!」みたいな銚●電鉄みたいな姿勢は好きなので、商品化してくれたら買っちゃうかもです。

 WEBで見ていたらそれ以上の興味は沸かなかったK-1ⅡベースのJ-Limitedですが、TKOさんの解説を聞きながら細部を見てくると俄然欲しくなります。今日写真を撮ってきて見直しても思うのですが、やはり写真で伝わる拘りみたいなものには限界があって、やはり実物を見るのと見ないのでは大きな違いがあるなと思いました。

 スクエア東京には4種展示されていますし、週末TKOさんが来ている時はTwitterで告知されますので、是非一度現物を見てみることをおすすめします。

あわせて読みたい