「HD PENTAX-D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW」航空機でAF-Cの追従性能をテスト

 先日購入した「HD PENTAX-D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW」はドール撮影ならあまり気にする必要がありませんが、胴体を撮影するならやはりAF性能が気になるところです。まずは腕試しにどんなものか調布空港の着陸機をAF-Cで狙ってみました。

 カメラ(PENTAX KP)の設定はこんな感じにしました。これで150km/h以上で滑走路に進入してくる着陸機をどこまで追従できるかテストしてみます。「ペンタはAFに弱い」「ペンタじゃ動きモノ撮れないでしょう?」などと言われますが本当のところどうでしょうか。

 今日は南風が吹いていましたので、無線機では着陸機に対し滑走路17への着陸を指示していました。一旦北側に行き大きく旋回して間もなく頭上を通るでしょう。

一枚目

二枚目

三枚目

四枚目

五枚目

 五枚目はカメラから一番近い「前輪」にピンが来てしまいボディのストライプはやや甘いですが、1~5枚目までAF-C任せでピントが追従してくれています。着陸直前の飛行速度は150km/h以上位だと思いますのでなかなかのものです。

 「ペンタはAFが弱い」と言われますし、まだ現役レンズラインナップの中にボディモーター駆動のレンズを見ると否定できない面もあるのですが、新しくラインナップされるレンズはかなり性能が向上し十分実用レベルだと思います。勿論他社のカメラではもっと追従性能の高いものもあるかもしれませんがw。

楽天で「HD PENTAX-D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW」の最安値をチェック

あわせて読みたい