カスタムイメージを使ってみよう

 PENTAXには「カスタムイメージ」という仕上がり設定モードがあります。他社の機種にも似たような機能はありますが、その数が異様に多いのがPENTAXの特徴の一つです。実際に設定を変更してみると同じ写真でも仕上がり設定で受ける印象は全く異なります。

 折角一眼レフを買ったのにシャッター速度と絞りしか操作しないのは勿体ないと思います。今回作例をお見せする様にこのカスタムイメージの設定一つで写真が大きく変わりますので、是非使ってみて欲しい機能の一つです。

【鮮やか】PENTAX製カメラの基本となる色です。平均的に誰が見ても綺麗に見える仕上がりになっていますので、特段のこだわりが無ければ普段はこのモードで良いのではないのでしょうか。

 私も普段はRAW+で撮影していますので、出力されるjpgはこの「鮮やか」で保存しています。ここは●●を使用したいといった時のみRAWをいじって希望の仕上がりに仕上げます。

【人物】人物撮影にはもちろん、ドール撮影などにも役に立つモードです。コントラストはあまり強くなく肌色が綺麗に発色する様にマゼンダと補色のグリーンが少し強調されています。

【リバーサル】スライドに使用したリバーサルフィルムの発色を再現したモードです。コントラストは強めです。

【ほのか】こちらは逆に淡い仕上がりが期待できるモードです。少し露出をオーバー気味にせっていして、ホワイトバランスで暖かみのあるアンバーを加えると陽だまりのような雰囲気になります。

【ナチュラル】こちらはその名の通り自然な仕上がりが期待できます。コントラストが強くない為ラティチュードが広く光線の強い時などは「鮮やか」より綺麗な描写になる時があります。

【フラット】「ほのか」や「ナチュラル」と似ていますが、「ほのか」「ナチュラル」はその状態で完成のモードです。しかしこのフラットはここから加工することを前提にコントラストを弱くしているモードです。

 RAWを使用できない時はこの「フラット」で撮影しておけば白飛び、黒潰れなどを防ぎ、レタッチソフトで仕上げるのに適した画像が得られます。

【風景】風景を撮影するのに適したモードで、PENTAXらしく緑が綺麗に出ます。

【雅(MIYABI)】その名の通り鮮やかな発色をするモードです。風景写真を撮る人の中には「風景」を使用せず、この「雅(MIYABI)」を使う人もいます。

【ポップチューン】一番コントラストや彩度が高いモードです。カラフルなものの撮影に向きますが、露出アンダーと組み合わせると私が好きな遺構撮影でも独特の質感を出しますので気に入っています。

 当初普通に使うと不自然なほどサイドが高く「このモードを使うことは無いな」と思っていましたが、使ってみると面白くやはり食わず嫌いはいけないと思いました。

【銀残し】「銀残し」もフィルム現像の手法の一つで、主に映画フィルムで行われていたようです。このモードにすると彩度を落とした重厚感のある仕上がりになります。

 なおこの「銀残し」を使用すると画像が思いっきりアンダーになりますので、少しオーバー気味に補正してあげる必要があります。今回の作例では+1.5段プラス補正したところ他の写真と同じくらいの明るさになりました。

【モノクロ】雰囲気がガラリと変わるモノクロへの変更も可能です。モノクロでは何を強調するかによってカラーフィルターを使い分けますが、フィルム時代の様に物理的に装着しなくてもカスタムイメージの詳細設定でカラーフィルターを選ぶことが出来ます。

 ちなみにこの写真ではモデルであるドールの顔が綺麗に表現できるようにグリーンのフィルターを使用しています。

 「モノクロなのにカラーフィルター?」という方はこちらの記事をご覧になってみてください、モノクロ撮影時のカラーフィルターの効果を解説しています。

【クロスプロセス】フィルム時代の現像プロセスでネガにポジの薬剤を用いたり、その逆を行ったりして変わった発色をさせる手法がありました。これをクロスプロセスと呼んでいたのですが、このモードを使用すると疑似的にクロスプロセスを楽しむことが出来ます。

 発色の変化は偶然で生まれるのでどんな色になるかは玉手箱だったのですが、いくつかのパターンがプリセットされていますのでパターンを変えてみると違った効果が楽しめます。これは撮影前に設定して撮影する方法もありますが、RAWで撮影しておいて色々効果を確かめながらいじってみる方が面白そうです。

 今回の機能はPENTAXのカメラなら645ZからQ-S1まで、種類の少ない機種もありますが全ての機種に装備されています。しかしRICOH GRⅢはイメージコントロールが同様の機能でカスタムイメージではありません。

 また冒頭お話した通り他社のカメラでも下の表の様なネーミングで似たような機能が付いていますので、他社のカメラをお使いの方も是非一度設定を変えて試してみてください。きっと新たな表現手段の一つになると思います。

RICOH GR イメージコントロール
Nikon ピクチャーコントロール
Canon ピクチャースタイル
OLYMPUS ピクチャーモード
SONY クリエイティブスタイル
Panasonic フォトスタイル

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です