カメラ内現像とパソコンソフト、どちらが良いのか

 PENTAXのカメラにはカメラ内でRAW現像が出来る機能が付いています(他社のカメラにも付いていますが)。またカメラ付属のソフト「Digital Camera Utility 5」を使用してパソコンでゆっくり現像することも出来ます。今回はこの二つの現像方法の長所、短所を書いていこうと思います。

 まずは作例を見てみてください。上から順にRAWファイルをそのままいじらずカメラ内現像で出力した写真、最初からjpgで出力した写真(RAWファイルと同時に記録)、RAWファイルを「Digital Camera Utility 5」を使用してパソコンで現像した写真です。

カメラ内現像

撮って出しjpg

パソコン(Digital Camera Utility 5)現像

 いかがでしょうか?違いが分かりましたでしょうか?もう少し分かりやすく今度は顔のアップ部分のみ切り出してみました。

カメラ内現像 撮って出しjpg パソコン現像

 カメラ内現像、撮って出しjpgは同じですが、パソコン(Digital Camera Utility 5)現像の写真は僅かですが目の色や服の襟が濃く出力されています(クリックすると拡大しますので、是非拡大してご覧ください)。また冒頭の3枚の写真でも右側の山の上の雲を見て頂ければ、パソコン(Digital Camera Utility 5)現像の写真のみオレンジ色が強く表現されています。

 同じパラメータで操作してどうして違う写真が出来上がるのでしょうか?実はこれには以下の様な理由があります。

 カメラ内現像と撮って出しjpgはカメラ内のペンタックスの処理技術で処理されるので同じ仕上がりになります。しかしパソコン現像の「Digital Camera Utility 5」はSILKYPIXの処理技術でPENTAXの仕上がりを模倣しているので全く同じにはならないのです。これは他社のカメラメーカーも同じす。(オリンパスだけは自社でRAW現像ソフトを作っているのでパソコンでも同じになると聞いたことがあります。)

 なので細かい仕上がりを気にする時はカメラ内現像の方がPENTAXの撮って出しと同じ仕上がりになりますのでカメラ内現像の方が良いでしょう。

 しかしパソコン画面の方が見やすいですし、多くの作業をする時はパソコンを使用した方が作業効率が良いと思います。細部を細かく見ながらノイズを取る時など細かい作業はパソコンの画面の方が有利です。

 またパソコンの方が露出補正の幅が大きかったり、設定変更のパラメータを他の写真にコピー(同じ条件で現像する)ことも可能だったりします。それぞれの特徴を理解してその時々に応じて使い分けられるのが理想です。

■ 「Digital Camera Utility 5」を使用したパソコン現像

・ 大画面を利用して細部までチェックしながら現像できる

・ 増感、減感などの操作幅が大きいのでより大きな補正が可能

・ 高性能なパソコンを利用すれば作業効率が上がり、大量処理向き

・ 設定変更の幅が大きかったり、機能が充実していて使いやすい。

■ カメラ内現像

・ カメラだけで処理が出来るので、出先での現像も可能

・ 手軽なので空いている時間に処理が出来る

・ 撮って出しjpgと仕上がりが同一となる

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です