私は何故PENTAXを選んだのか(100周年おめでとう記念)

 今日2019年11月27日はPENTAXの前身である旭光学工業合資会社が誕生してから100年目の日です。今日はお祝いの意味を込めて「私は何故PENTAXに変えたのか?」みたいなことを書いていこうと思います。

 フィルム時代も含めて私が初めてPENTAXのカメラを使ったのが、このPENTAX Qです。こんなに小さいのにレンズ交換が出来る、金属ボディで質感がばっちり、単焦点の交換レンズはf1.9と凄い、トイレンズの魚眼が面白いと、とにかく面白いカメラだと思いました。03のFISHEYEは今もお気に入りのレンズです。

 しかし当時APS-C、フルサイズは他社で揃えていましたから、この時はフルサイズ、APS-CをPENTAXにする考えは全くなかったです。ちなみにPENTAX Qはカメラが面白いからであり、アニメの影響で購入した訳ではありません(多分)。


PENTAX Q

 しかし遂にPENTAXのAPS-C機を使う機会が訪れます。当時カメラのことを色々レビューしていましたので「旧機種でもいいので全社触っておきたい」という気持ちが起こりました。流石に全社全てポケットマネーでとなると買えるのは入門機の旧機種位になりそうですから勿論スペック比較は出来ません。しかしそれぞれのメーカーがどんなことを大切にしてカメラを開発しているのかは、実際使ってみると分かるのではないかと思った訳です。

 Nikon、Canon、SONY、OLYMPUS、Panasonic、FUJIFILMと全社購入してPENTAXはQを持っているのでいいかなと思ったのですが、それでは不公平なのでK-rを購入して撮影してみました。Nikonは忠実な色、OLYMPUS、FUJIFILMは美しい発色でした。そしてCanonは暖かみのある色、巷で噂通りの傾向です。

 そしてPENTAXを使ってみると「何じゃこの色!」というのが感想でした。上の二枚の写真が当時私が初めて見た「PENTAXの色」です。カスタムイメージがコントラストの高い「リバーサル」だったこともありますが、他社と比較にならない位の「作り込まれた色」で私的には超、超記憶色という感じでとても印象に残りました。


PENTAX K-r

 そしてこちらもPENTAXならではのカスタムイメージ「ほのか」を使用した作例で、先程の2枚とは180度異なり柔らかいイメージです。こちらはこの後購入するK-1で撮影した写真です。

 カスタムイメージはこちらの記事でも書きましたが、様々な仕上がりを設定することが出来ますので、他社のいわゆる「普通の色」で記録することも勿論可能です。しかしこのカスタムイメージの設定一つで写真が全く変わってしまう面白さもあり、PENTAXのカメラに興味を持ち始めました。

 そして色々調べてみるとPENTAX初のフルサイズ機K-1が2月くらい前に発売されたばかりだということが分かりました。早速「一台買ってみるしかない!」とK-1と24-70のズームを量販店で買ってみました。

 ただ複数マウントは苦しいので、これまで使っていた他社にするのか、PENTAXにするのかは悩みました。色やカスタムイメージは好きだけど、他はどうなんだ、総合的にはどうなのかと。

 結果言ってしまうと「PENTAXはAFが弱い」と言われますが、最新のレンズでは不自由を感じたことはありませんでした。他社で最も強いボディ、レンズの組み合わせなら多分負けると思いますが、鉄道位なら普通にAF-Cで追従してくれます。ダメダメという印象は全くありませんでした。「PENTAXはAFが弱い」というよりは「最新のレンズは十分使えるが、ボディモータを使っている様な古いレンズも現役でゴロゴロしている」という感じだと思います。

 しかしストロボのTTL調光は弱いかなと思いました。これまで使っていた他社と比較してバラつくので、サービスセンターに言ったところ一言「比べちゃいけませんw」と言われました。PENTAXはどちらかというと外で使う「フィールドカメラ」として位置づけられていますし、暗さに対しては超高感度で対応するなど別の方向で進化しているので、TTL調光の性能は一世代前という印象です。しかしデジタルはすぐにモニターで確認できますし、使えないレベルでもないので、私はこれで良しとしました。

 やはり初めて使うメーカーだけに、それ以外にも色々と不安はありましたので、暫くは以前使っていた他社のカメラも残しながら使っていましたが、色が綺麗なだけにPENTAXしか使わなくなり、他に問題も生じなかったので結局他社のカメラは全部売り、順次PENTAXのシステムにしていきました。


PENTAX K-1(最新モデルはmarkⅡです)

 マウント替えが非常に出費が大きくなりましたが、カスタムイメージを操作しながら仕上がりを考える楽しさもありますし、仕上がった写真にも満足しているのでPENTAXにしてよかったなと思います。

 あと価格が同じスペックなら他社と比べ少し安いのも有り難いです。やはり高性能な機材はそれなりの結果を出してくれますので、価格的な敷居が下がるのは高性能に触れることを容易にしてくれますので助かります。逆に無理すれば買えてしまうので沼としては深いですがw。

 またPENTAX愛好家やRICOHのスタッフの方々のPENTAX愛も個人的に好きだったりしますので、総合的に考えあの時PENTAXにしたのは良かったと思っていますし、多分これからもPENTAXを使っていくのかなと思います。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です