ホワイトバランス調整ツール「CBLレンズ」レビュー

 ホワイトバランスを決めるツールに「CBLレンズ」というものがあります。現在市場価格は8000円程度ですが、発売当初は2万円位だったようです。商品解説では色々難しいことを書いていますが「別にコピー紙でもいいんじゃない?」とスルーしていたのですが、ミスターペンタックスこと池永氏が絶賛、推しまくりだったのでお一つ購入してみました。

 先日のトークショーでCBLレンズを絶賛推しまくりだった池永氏。CBLレンズについてネットで調べていたら何と公式ページでも推していましたw。色に拘るペンタックスの顔である池永氏が推すのですから、とりあえず買わない訳にはいきません。

 「別にコピー紙でもいいんじゃない?」という気持ちが完全に抜け去った訳ではないのですが、とりあえず建設的にレビューしていきます。

 RICOHの窓口で購入したらCBLの袋に入れて頂きました。なんだかこの袋でホワイトバランスや18%グレーの代わりになりそうですが、とりあえず今日は商品のレビューを優先します。

 今は1万円を切る価格で売られていますが、発売当初は2万円位したようです。それだけに箱も重厚です。超高級なものを買ったような気分になります。

 同梱物はこんな感じです。付属のストラップは別になっていましたが、自分で装着してあります。持ち運び用に専用ケース、様々なシーンでの使用方法が解説されたそこそこ分厚い取扱説明書も入っています。

 それでは早速使用してみます。ホワイトバランスをマニュアルモードでセットしますので、マニュアルでの設定方法は使用しているカメラの取り扱い説明書をご覧ください。ちなみにPENTAXのカメラならこの画面から1回シャッターを切ってOKを押せば設定完了です。

 上記の設定時にCBLレンズがこの様に画面の大半を覆うようにしてシャッターを切ります。ピンとは別にあっていなくても問題ありませんし、画面の2割位は覆えていなくても大丈夫です。

 蛍光灯下でCBLレンズを使用して撮影した写真が一番右です。左、中央と比較して肌色が綺麗に出ています。蛍光灯は緑被りを起こしますので太陽光モードで撮影すると論外です。オートもなかなかで細かいことを言わなければOKですが、きっちりホワイトバランスを取った右の写真と比べると肌色がくすんでいます。

 一回使っただけですが、CBLレンズを使用したホワイトバランス調整の効果は絶大と言えそうです。

 次に私の頭の中にある「コピー紙で十分でしょ?」という考えを、自分の中で斬っておきたいと思いましたのでこんな実験をしてみました。ホワイトバランスを調整してからコピー紙とCBLレンズを撮影してそのヒストグラムを比べてみます。

 こちらがコピー紙のヒストグラムです。表面が単調だけに一点集中の様なヒストグラムです。

 そしてこちらがCBLレンズのヒストグラムです。中央付近の切り欠きやエッジがありますので暗部側(左側)にも情報があります。それ位は想定済みでしたが、反対の明るい側(右側)にもコピー紙と比較して多くの情報がありますので、より幅広い明るさでホワイトバランスを調整していることが想像できます。

 これまではコピー紙だけでなく、タオルや白い壁紙など色々使ってホワイトバランスを取っていましたので白い物体での代用でもそこそこはいけると思います。しかしこのCBLレンズならそれ以上の正確なホワイトバランスを得られそうなので、RAW現像時の手間が省けそうです。

 しかし色というのは正確な記録を除けば、最終的に自分が気持ちよく感じる色が良い訳でここをベースにさらに調整する必要があります。ここは露出計が示す数値が正しい露出とは言えないということと同じ考えになると思います。

 また私の様に外で撮影する機会が多い私にはコピー紙ではボロボロになってしまうので持ち運びにはこの様なかっちりした製品の方が良いかなと思ったのも購入の動機の一つです。カメラバッグに押し込んでおけば必要に応じて取り出して使えそうです。

 紙と違ってしっかりしているので使いやすいのも収穫でした。少し使ってみただけですが性能は高そうなので、光源が混じっている様な難しい状況で試験してみましたらまた報告したいと思います。


CBLレンズ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です