CBLレンズをストロボ撮影で使用してみる

 CBLレンズは定常光でのホワイトバランスでは高い性能を発揮しますが、フラッシュ撮影の時はどうなのだろうと思い実験してみることにしました。しかし普通の撮影では面白くないので、色被りを起こしやすい環境を作って実験してみます。

 ちなみにCBLレンズはバウンスを使用する時は今回の様に白い面を使用しますが、直炊きの場合は裏のグレー面を使用するようです。大型ストロボの時は考え方からすると白い面の方が良さそうですが、また機会があれば実験してみます。

 例えばこの様なグリーンバックで撮影すると、ストロボ光が反射してドールの顔が緑被りになってしまいます。撮影前にホワイトバランスを調整して綺麗な肌色を出してあげたいと思いますが、CBLレンズでどの程度調整が出来るのでしょうか?というのが今回の実験になります。(この写真はホワイトバランスを調整して撮影していますので肌色は綺麗に出ています)

 オートホワイトバランスで撮影してみました。予想通り本来なら白色のストロボ光が緑色に反射してドールの顔が病的な緑被りの色になってしまいました。この緑被りを解消すべくCBLレンズでホワイトバランスを調整します。

 この様にドールの顔付近でホワイトバランスを取得します。この時はこの様な点に注意して作業を行いました。(この写真はホワイトバランスを調整して撮影していますので肌色は綺麗に出ています)

・ CBLの面をドールの顔前面と平行にする。

・ レンズを向ける角度を実際撮影する角度に近くする。

・ ストロボの発光角度を実際撮影する角度と同じにする。

 この様に実際に撮影する条件に近づけてホワイトバランスを取得しました、実際に効果はあるのでしょうか。また正確に調整出来ているのでしょうか。

 ホワイトバランスを設定したあと撮影してみると、見事に健康的な肌色で表現できました。

 念の為蛍光灯下でホワイトバランスを調整して撮影した写真と比較してみます。明るさが少し異なりますが黄色加減、赤味加減は似た様な感じなので、ホワイトバランスはいい感じに調整出来ていると考えても良さそうです。

 私の場合外で風景を撮る時は正しい色というより、綺麗と思える色を求めますのでホワイトバランスはラフで良いのですが、この様な部屋の中で撮影する時、特に商品撮影時等は厳格なホワイトバランスが求められます。

 しかし実験の結果は良い感じに仕上がりました。健康な肌色というともう少しマゼンダを足した方が綺麗な写真になりそうですが、モニターを見ながら被写体のドールの色と比較するとかなり忠実に色が出ている感じです。

 ファーストレビューでも書きましたが、「コピー紙でも十分だろう?」と思っていましたし、コピー紙でもそれなりの色は出せますが、やはり良い道具は作業効率や精度を飛躍的に高めてくれます。


CBLレンズ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です