自販機食堂

 群馬県伊勢崎市にある「自販機食堂」はその名の通り食べ物が自販機で調理され販売されるお店です。スタッフはメンテナンスなどで居ることもありますが、基本自販機が全てをしてくれるので無人です。現在稼働している調理機能付き自販機は3台、他にもジュースの自販機や昭和の駄菓子屋にあった様なゲーム機なども店内には並んでいます。

 お店は国道462号線上にあり、駐車場が完備されていますので車で来る人なら楽にアクセスできると思います。車の無い方はJRの本庄駅等からバスで来ると良いかと思います。

 店内には昔ドライブインに並んでいたレトロな調理自販機が多数並んでいます。現在調理可能な自販機で稼働しているのは左の麺類販売機、右のハンバーガー販売機、後ほど紹介するトースト販売機の3台です。他にも動いていない自販機がありますが、今後修理して稼働することを目指しているようです。

 出来上がったメニューは店内で食べていくことが可能です。店内入ってすぐにテーブル、奥側に写真の様なカウンターが設置されています。そして写真右端に写っている赤い自販機がトーストを販売する自販機です。

 また店内には駄菓子屋にあったゲーム機や昔懐かしい各種自販機も並んでいます。またこの自販機食堂のファンという方も多数居られて自販機のボタンをデザインしたキーホルダーや、この店のイメージキャラクターのグッズなども販売されていますが、こちらも自販機食堂だけに全て自販機で販売されているという徹底ぶりです。

 アツアツに調理されたハンバーガーを奥のカウンターで頂きます。自販機食堂の流儀(という大げさなものではありませんが)はこちらの記事でもご紹介していますのでご覧ください。折角なのでハンバーガー以外のメニューも少し紹介しておきましょう。

 こちらがチャーシュー麺350円也です。分厚いチャーシューが2枚とメンマ、なると、わかめの具材もしっかり入っています。醤油は群馬の正田醤油を使用カツオや昆布の出汁もしっかり効いています。自販機は昭和レトロですが、出てくるメニューは昭和時代と異なり令和品質にバージョンアップされています。麺類自動販売機のアップ写真などはこちらの記事で紹介していますのでご覧頂ければ幸いです。

 そしてこちらがハンバーガー販売用の箱を生かして作った新メニュー通称「ハコめし」です。ハンバーガー用の箱を利用しているのでハンバーガー販売機で販売、加熱が可能です。

 しかし過熱はハンバーガーに合わせてセットされている為この「ハコめし」では少し温めが足りない時があります。その時は店内のレンジで軽く温めてる様案内がありました。私も30秒ほど温めたところ良い感じになりました。

 なおこの「ハコめし」は日によってメニューが異なり、私の日は「ちゃーしゅーごはん」でしたが、ネットで見るとウズラの卵入りやチーズ入りもあるみたいです。

 箱から出してみました。ざっくりいうと刻みチャーシューがたっぷり入ったニンニク醤油味のチャーハンのおにぎりという感じです。袋を上手く活用しておにぎりの様に食べても良し、店内備え付けの割りばしで普通に食べてもどちらでも食べられそうです。私は箸を使って食べました。

 昭和、レトロなんていうキーワードが好きな人が喜びそうな自販機を動態保存しながら、料理も提供してしまうというオーナーのアイデアも凄いですが、先程書いたように出される料理のレベルも凄いです。食べられるだけで良かった昭和とは異なり、また食べに行きたくなる令和品質にブラッシュアップされています。

 またこのお店にはこの調理自販機が好きな人が数多く集まっています。自販機のメンテやグッズを作ってこのお店を支えている人が居るのも特徴です。ハンバーガー自販機のカウントダウンのニキシー管が10秒を切るとオリジナルと違う表示をする遊び心なども盛り込まれています。また店内のキーホルダーや缶バッジなどもファンの方がデザイン制作しています。

 腹が減ったから入店するという本来の使い方でも十分満足の味ですが、自販機そのものや昭和の雰囲気を楽しむことも出来るスポットです。

あわせて読みたい