smc PENTAX-DA 35mmF2.4AL レビュー

 本日はAPS-C用の単焦点レンズ「smc PENTAX-DA 35mmF2.4AL」をレビューしてみたいと思います。APS-C用の35mmはフルサイズ換算で52mmとなり、フルサイズの標準レンズ50mmとほぼ同様の数値となります。遠近感が自然で扱いやすい焦点距離といえます。また価格も実売1万円台ですから初めての単焦点にオススメです。(写真のホワイトは生産完了で、現在購入出来るのはブラックのみです。しかし光学系は変わりませんので写る写真は同じです。)

■ コストパフォーマンス高すぎの1本

 APS-C用の本格的単焦点というとDA-Limitedとなるのだと思いますが、初めての1本となると価格的にハードルが高く感じるかもしれません。勿論中上級者はその価格に見合う描写力があるので購入していく訳ですが、これまでキットズームを使ってきた人が買うには「金額分を使いこなせるだろうか」という不安もあると思います。

 そんな人の為に用意されたのが今回紹介する「smc PENTAX-DA 35mmF2.4AL」であったりもう少し望遠の「smc PENTAX-DA 50mmF1.8」だったりします。これらは別名「巻き餌レンズ」とも呼ばれ、メーカーが儲けよりも次のステップに進んで欲しいとラインナップしているレンズです。ですから価格が手頃でコストパフォーマンスが高いレンズなのです。

 しかしマウントはプラマウントだったり、AFもボディモータです。そして距離目盛りも省略とコストダウンの為に頑張っている部分もあります。しかし逆に考えるとその分軽量だったり、AF任せだと距離目盛りも必要を感じないので、この辺は単焦点の良さがこの価格で享受出来るメリットの方が高いと思います。

■ コンパクトで軽いのも◎

 公称重量は124g、350mlペットボトルの約1/3です。沈胴式の18-50や40mmLimitedには勝てませんが、カメラに丁度良い雰囲気で大きさを感じさせません。このコンパクトなのに明るいというのが単焦点の特徴でこのレンズもこんな大きさですが、開放絞り値がF2.4です。そしてフィルター径はPENTAXに多い49mmです。

■ 作例も

 コンパクトで扱いやすく価格も手頃というレンズですが、やはりレンズは写ってナンボですので最後は作例を何枚かご紹介します。

1/60、f2.4、ISO560、WB日陰、CI人物

 まずは意地悪く「逆光&開放」という悪条件で撮影してみます。フレアやゴーストも無く、単焦点らしい抜けの良い画像を吐き出してくれます。開放で撮影すると少し柔らかい感じの絵になり、写真の様にドール付近の落ち葉のみピントが合い他の部分は綺麗にボケてくれます。

 開放F値5.6位のズームで撮影したカッチリした写真とはまた違う柔らかい雰囲気の写真が撮影出来ます。この写真を少し拡大してみましょう、写真をクリックして拡大した画像がピクセル等倍です。

 手首付近にピントを合わせていますので、手首やその上の縫い目を見るとクッキリですが、少し手前のスカートはもうボケています。ピントの合う範囲を浅くして見せたい物だけを見せることが出来るのも単焦点レンズの強みです。

 また袖脇に少しフリンジが発生していますが、僅かですがやはり開放を使うと発生します。

1/60、f2.4、ISO2200、WB曇天、CI人物

 もう一枚開放の写真です。少し暗くなった林の中で撮影しましたが、開放値F2.4ですからISO2200で撮影出来ました。例えば開放値5.6でしたらISOは5600位になってしまいます。暗い場所、時間では単焦点ならではの明るい開放F値も撮影者の味方になってくれます。

1/60、f11、ISO140、WB日陰、CIポップチューン

 今度はシルエット調に撮影してみました。奥の木々がボケると切り絵っぽさが軽減されてしまうので、f11まで絞りました。開放ではボケますが、絞ってあげると手前から奥までピントが合うのはズームレンズと同じです。

1/60、f4.0、ISO280、WBオート、CI里び

 レンズは概ね開放から1段位絞ったところが綺麗に写るところですが、f4.0位で撮影するとピントの合っているところはクッキリ、背景は程良くボケてと良い感じになります。

 最近のレンズでは高性能ですからキットズームでも綺麗な描写をします。しかしやはり単焦点を使うと薄皮が一枚剥けた様なクリアな抜けの良い写真になります。この写真も拡大してみます、こちらも写真をクリックして拡大した画像がピクセル等倍です。

 目にピントを合わせていますので、目のクッキリ映っている感じと奥の背景が綺麗にボケている感じを見て頂ければと思います。

 新品1万円台のレンズですからプラボディで質感はLimitedレンズとは比べものになりません。しかしその分軽いですから、手軽に持ち歩くことが出来ると思います。そしてズームレンズと比較すると抜けの良さは一枚上で、更に明るい開放値はより背景をぼかしたり、暗い場所での撮影にも有利です。

 キットズームで暫く撮影してみて単焦点に興味を持ったら、敷居の低い分最初の1本にオススメのレンズです。


smc PENTAX-DA 35mmF2.4AL ブラックPENTAXストア
他の取扱店:楽天市場Amazon

Author: DOLLMAN SENOO