富山地方鉄道 南富山駅

 今日は富山地方鉄道の南富山駅と同じく富山地方鉄道の路面電車の終点である南富山駅前電停をご紹介いたします。「駅前」という名称ですが、地方鉄道らしいコンクリート造りの駅舎の横に組み入れられるように設置された電停と構内踏切はここならではの雰囲気を醸し出しています。

 地鉄の南富山駅に併設された駅で正式名称は「南富山駅前電停」になります。

 右の建物は富山地方鉄道の南富山駅の駅舎ですが、今立っている場所は路面電車の電停ですので、南富山駅前電停となる訳です。

 駅舎が入るように撮影してみました。名称は「駅前」ですが、駅舎脇に乗降用のホームがあり駅の一部という感じです。

 そしてこちらは地鉄の「南富山駅」の駅舎ですが、会社も同じですし待合室は勿論利用できます。

  この駅で面白いのがここの路面電車を渡る部分に設けられた踏切造です。右の建物が南富山駅の駅舎で奥の左側に地鉄ののホームがあり、構内踏切を渡って行き来します。構内踏切には人用の遮断機と横切る路面電車用の遮断機があってこれは模型以上に不思議な光景です。

 現在の状態は人が通行可、路面電車は通行不可です。これで路面電車が奥の車庫と行き来する時は人用の遮断機が閉まり、路面電車用の遮断機が開きます。

 南富山駅の駅舎。コンクリート造りの地方鉄道らしい佇まいで、上階は写真の研修センターになっています。

あわせて読みたい