「I-O DATA Wi-Fi SDカードリーダーWFS-SR03K」で旅先のデータバックアップをスムーズに

 私の口癖の一つに「旅先で一日写真を撮ったら必ず夜にバックアップしなさい」というのがあり、その様な記事も書きました。私も旅先へは必ずノートパソコンを持って行きバックアップを取っていましたが、高画素、大容量の時代になり昨年、一昨年の北海道では夜疲れているのに、パソコンをバックアップに占拠され休めないという問題がありました。

 そこで色々探していたら「I-O DATA Wi-Fi SDカードリーダーWFS-SR03Kパソコン無しでSDカードからUSBメモリへバックアップしてくれるとのこと。早速購入してみました。

 ケースはこんな感じです、早速開封して使ってみたいと思います。

 使い方は簡単。SDカード、USBメモリをセットして電源を投入、「SD→USBコピー」ボタンを押せばあとは勝手にコピーしてくれます。

 ステータスランプが点滅したらコピー開始、消灯でコピー完了です。ちなみにコピーに必要な時間ですが、説明書によると16GBのSDカードで約40分32GBのSDカードなら1.5時間程度の様です。

 これまではこの時間分ノートパソコンが使えなかったので有り難い機能です。風呂に入ったり、飯を食べに行くことも出来そうです。なお今回はUSBメモリーを使用していますが、USB接続のHDDなども使える様です。

 メモリには「SDBackup」というフォルダが新規に生成され、その下にコピー日時のフォルダーが生成されその中にSDカードの内容がコピーされます。

 今回はSDカードのバックアップに使用しましたが、他にも、撮影した画像をスマホでシェア、モバイルバッテリーとしても使える様です。少し使ってみてまた新しい発見があれば報告したいと思います。

 今回は第一の目的であるSDからUSBメモリーへダイレクトにコピーする機能を確認してみましたが、いい感じにコピー出来ましたので、旅先で大容量のデータをバックアップするのに手間取っていた方は是非試してみてください。


I-O DATA Wi-Fi SDカードリーダーWFS-SR03K


SanDisk USBメモリ 128GB USB 3.0

ちなみにバックアップ用のメモリはこちらを使っています。データが死んだら目も当てられないので安いノーブランド品は避けています。

あわせて読みたい