画面をスッキリ見せる「ドール隠し」

画面をスッキリ見せる「ドール隠し」

2019年2月2日 オフ 投稿者: dollman

 「写真は引き算」という考え方がありますが、目の前にあるものから要らないものを切り取って作品を作っていきます。これはドール写真ならではの技法ですが、見せたくないものをドールで消すというテクニックも有用です。

 狭山湖に行ったところ写真の様な風景に出会いました。特徴的な取水塔をバックに撮影したいところですが、禁止の看板類が後方や手前にあり鬱陶しいです。「柵の外に手を伸ばしてドールを湖側に・・・」という発想は万一手が滑ったときのことを考えれば恐ろしくて無しです。

 ここで漫然と写真を撮るとこんな感じになります。看板が奥の取水塔より存在感を主張していて背景が汚らしい残念な写真となってしまいます。

 そこでドールの位置関係を見直し奥の看板をドールの頭で隠してみました。上の写真に比べ画面がスッキリしたことがお分かりいただけると思います。主題:ドール、副題:取水塔という意図が分かりやすい写真だと思います。

 これは以前鶴見線で撮影した写真です。こんな木造の雰囲気なので人が一人もいない雰囲気が良かったのですが、駅の軒下で携帯電話を使っている人が居ました。勿論電話している人は自由ですから私が指図することなどできません。そこでモデルのドールで隠してしまいました。

 一人携帯電話で話をしている人が居るだけでこの写真の雰囲気は全く違ったものになってしまったと思います。


 ドールで画面中の見せたくないものを隠すという発想はドール写真だからこそできるテクニックの一つだと思います。フレーミングだけで切り取れないものはドールで隠すという奥の手もある、ということを覚えておくだけでよりすっきりした写真が撮影できるかと思います。