焼きそばでイカが(喰い道楽 すみよし)

 那珂湊にある「喰い道楽 すみよし」さんは海が近いこともあり、美味しい海鮮料理が数多く揃っています。私が那珂湊を訪れたらよく行くお気に入りのお店でもあります。

DETA : 1/60、f8.0、ISO200、WBオート、C/I人物

 シャロが「お腹が空いた!」と申しますので、丁度良いです。是非アレを食べて貰おうと思います。那珂湊にはB級グルメの那珂湊焼きそばというものがありますが、その那珂湊焼きそばがここ「喰い道楽 すみよし」さんらしくアレンジされた逸品です。

DETA : 1/45、f8.0、ISO6400、WBオート、C/I雅(MIYABI)

 オーダーして待つこと10分、鉄板からパチパチ音を立ててアレが運ばれてきました。シャロも「何?」という顔をしています。メニューの名は「焼きそばでイカが」、イカの中に那珂湊焼きそばが詰まったイカ飯の焼きそば版の様なメニューです。

 ちなみに写真の様に足も焼きそばの具として活用されイカ1杯丸ごと味わう感じです。溢れ出た焼きそばのボリュームにマスターの愛を感じます、有り難く頂きます。

DETA : 1/30、f8.0、ISO6400、WBオート、C/I雅(MIYABI)

 自分が美味しいと思うものは、その美味しさが伝わる様に撮らなければなりません。料理をおいしく撮る基本は3つ、逆光、コントラストを高く、そしてホワイトバランスは暖系色気味なのですが、今回はイカの焼き色に気を配りました。

 また周辺に油が飛び散っていますが、このバチバチいっている間に特製醤油をかけ頂くのがこのメニューの最大の醍醐味なのです。しかしバチバチが収まるまでドールの前に置けませんから、まず料理を撮りながらバチバチが収まるのを待って、それからドールさんの前に置いて撮影です。ドールさんが火傷しては大変です。

 那珂湊焼きそばは市内で色々食べられ、それぞれの店のオリジナリティもあって面白いのですが、やはりイカ一匹使って食べさせてくれるこのメニューは私のお気に入りの一つです。

 ちなみにお店のホームページ、食〇ログ等のメニューには載っていませんが、イカが手に入らなければ作れないので載せてない様です。お店に入った時「焼きそばでイカがありますか?」と聞いてみると良いと思います。鉄板は普通のハンバーグ料理に使う鉄板と思って頂ければこのボリュームが分かると思いますが、こだけ大きなイカを使って1000円ですから、やはり海近くの地元店は良いものです。

DETA : 1/45、f8.0、ISO3200、WBオート、C/I人物

 この嬉しそうな顔を見たら、連れて来た甲斐があるというものです。

 今回の写真は全て「HD PENTAX-DA 21mmF3.2AL Limited icon」を使用していますが、こうした記念撮影には使いやすい画角ですし、コンパクトなのでお店などでも出しやすいレンズです。いきなり大口径の大三元とか出すと「えっ、何?取材?仕事?」みたいな感じになってしまいますのでw、さりげなさという点でも◎なレンズです。

【お店のホームページ】 喰い道楽 すみよし

icon icon
PENTAX KP icon(ビックカメラ)
他の取扱店:Yahoo!ショッピングAmazon楽天市場など

icon icon
HD PENTAX-DA 21mmF3.2AL Limited icon(ビックカメラ)
他の取扱店:Amazon楽天市場など

あわせて読みたい